野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早実を破った国士舘エース・中西が持っていた“後輩”清宮への「特別な意識」

高校野球西東京大会の準々決勝が3日、ダイワスタジアム八王子で行われ、国士舘が4-1で早実を破り、準決勝に進出した。国士舘のエース・中西健登投手が調布シニアの後輩でもある早実2年の清宮福太郎外野手を4打数1安打に封じ込めるなど、上位打線を抑え、9回1失点で完投勝利を収めた。

早実打線を封じ込んだ国士舘のエース・中西健登【写真:編集部】
早実打線を封じ込んだ国士舘のエース・中西健登【写真:編集部】

調布シニアで先輩・後輩、一塁のポジション「奪われちゃいました」

 高校野球西東京大会の準々決勝が3日、ダイワスタジアム八王子で行われ、国士舘が4-1で早実を破り、準決勝に進出した。国士舘のエース・中西健登投手が調布シニアの後輩でもある早実2年の清宮福太郎外野手を4打数1安打に封じ込めるなど、上位打線を抑え、9回1失点で完投勝利を収めた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エースの中西は清宮に対して事前の試合を確認して、対策を練っていた。「打席では威圧感がありました。インコースが強いと感じていたのでアウトコースで勝負しようと思った」と内角球を見せ球に、外角中心の攻めで打ち取った。実は2人は意識する間柄。中学時代、一塁手だった中西は入部して間もない清宮にポジションを奪われた過去がある。そのあと外野にまわり、高校入学後に投手となった。「奪われちゃったので負けたくないなと思いました」と対戦が決まり、意識をし始めた。整列の時点で清宮を見た。心の中で「よろしく」と伝えたという。

 清宮だけでなく、中西の精度の高い直球や変化球に早実打線は打ち取られた。1失点で完投を許した。早実の和泉監督は4打数1安打だった2年生4番の清宮について問われると「まだまだ。(中西投手に)遊ばれたね。自分のスイングができていない。悔しいでしょうから、その思いを受け止めて、次の1年を頑張ってほしい」と新チームでの飛躍を願った。

 今年の早実は昨秋の東京都大会の出場を辞退し、今春の都大会は新型コロナウイルスの感染拡大で中止。この夏がチームの初の公式戦だった。指揮官は「色んな投手と対戦する中で読みなどが生まれる。うちに限らずだけどね。失敗を重ねながらどうしようかと考える。集中力はあったけど、経験のない中で振ってしまっていた。完成度の高い投手への対応力がなかったですね」と試合や練習を思うようにできなかったこの“特別な一年”を振り返りながら、中西の好投をたたえた。

 中西は10日から始まる甲子園・交流試合も控えるため、前日はノースロー調整。不安はあったが見事な投球だった。「早実は小さい頃から憧れのチームだったので気持ちが入りましたし、こういう試合ができてよかったです」と梅雨が明け、強い日差しが注ぐ空の下で力投した。清宮との対戦した時間を取材の中で噛みしめながら、「(清宮には)楽しかったよ、と伝えたいですね」と笑顔。真夏のスタンドに爽やかな風が吹き抜けた。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」