野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人が完敗した中日・大野雄の力投 “伝説のスコアラー”が語る「わずかな隙」とは?

首位を走る巨人が7日、敵地・ナゴヤドームで最下位の中日に1-7の完敗を喫した。要因は相手先発の左腕・大野雄大投手に5安打10三振1得点に抑えられ、完投を許したこと。大野雄とは昨季から相性が悪い。巨人で22年間スコアラーを務め、2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2回大会では侍ジャパンのチーフスコアラーとして世界一に貢献した三井康浩氏がその背景を分析。この日の試合においても「巨人に付け入るスキが全くなかったわけではない」と語った。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

自ら先制打放ち、過去5試合で3得点の味方打線に“喝”

■中日 7-1 巨人(7日・ナゴヤドーム)

 首位を走る巨人が7日、敵地・ナゴヤドームで最下位の中日に1-7の完敗を喫した。要因は相手先発の左腕・大野雄大投手に5安打10三振1得点に抑えられ、完投を許したこと。大野雄とは昨季から相性が悪い。巨人で22年間スコアラーを務め、2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2回大会では侍ジャパンのチーフスコアラーとして世界一に貢献した三井康浩氏がその背景を分析。この日の試合においても「巨人に付け入るスキが全くなかったわけではない」と語った。

 この日の大野雄は、完璧に近い内容ではあった。球威があり、失投がほとんどない。「『何も初球からそんな所に投げなくてもいいだろ』と言いたくなるくらい、全ての球がストライクゾーンいっぱいの所にビタビタ決まっていました」と三井氏。特にツーシームはホームベース上、かつ低めでストライクからボールになる絶妙のコースに決まり、巨人の打者の空振りを誘った。失投は、4回先頭の北村にど真ん中のストレートを左翼席に運ばれた1球くらいだった。

 圧巻は、5-1とリードして迎えた7回の投球だった。先頭の岡本を外角低めのスライダーで遊ゴロに仕留め、ウィーラーには左前打されたものの、大城をフォークで、若林を外角低めいっぱいの147キロ速球で、連続空振り三振に切って取った。「ここをこの試合のヤマと見たのでしょう。“ギア”が1つ上がった感じでした。巨人打線は点を取ろうという勢いさえ失せましたね」と三井氏は言う。

 さらに、直近の5試合でなんと3点しか取れていなかった中日打線にあって、大野雄は2回2死一、二塁の好機に自ら中前へ先制適時打を放った。この場面は、1死一、三塁としながら井領の二ゴロで三塁走者・高橋が本塁タッチアウトとなり、チャンスが消えかかっただけに、巨人に与えたショックは大きかった。三井氏は「井領の二ゴロの際、三塁走者の高橋は足が速くないですから、ギャンブルスタート(ボールがバットに当たった瞬間にスタート)をかけるべきだと思いましたが、実際にはゴロ・ゴー(ゴロになったのを見てからスタート)でした。中日首脳陣は、最近あまりにも点が取れていなかったため慎重になったのだと思います。あのまま無得点に終わっていたら、『また今日もダメか』とムードが沈み込みかねないところでした」と指摘した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」