野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神・呉昇桓、アジア新記録の日米韓通算408セーブ サムスン復帰で岩瀬氏超え

元阪神で、KBO(韓国プロ野球)サムスンの呉昇桓投手が13日、本拠地で行われた斗山戦で今季9セーブ目を挙げ、日米韓通算408セーブとした。38歳にして古巣サムスンに復帰し、初年度で元中日・岩瀬仁紀氏のアジア新記録を更新した。

サムスン・呉昇桓【写真:Getty Images】
サムスン・呉昇桓【写真:Getty Images】

斗山戦でイニング跨ぎで好投、今季9セーブ目

 元阪神で、KBO(韓国プロ野球)サムスンの呉昇桓投手が13日、本拠地で行われた斗山戦で今季9セーブ目を挙げ、日米韓通算408セーブとした。38歳にして古巣サムスンに復帰し、初年度で元中日・岩瀬仁紀氏のアジア新記録を更新した。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 8回2死一、二塁のピンチで登板した呉昇桓は空振り三振で窮地を脱し、回を跨いで9回もマウンドへ。だが、先頭に左前安打を許すと、犠打で1死二塁に。さらに、2つの四球で2死満塁と一打逆転のピンチを招いた。それでも、最後の打者を二ゴロに打ち取り試合を締めた。

 2005年にサムスンでデビューした呉昇桓は、9年間で5度の最多セーブ、2度のシーズン歴代最多47セーブ、KBO通算最多277セーブを引っさげて2014年に阪神に移籍。阪神でも2年連続で最多セーブを獲得して実力を証明すると、2016年にはメジャーに挑戦した。メジャーではカージナルス、ブルージェイズ、ロッキーズと渡り歩きながら、3年間で42セーブ、防御率2.78。輝かしい実績を残して今季から古巣サムスンに復帰していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」