野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

自身初5連勝も6回途中降板… DeNA大貫をラミレス監督が降板させた“天敵”の存在

DeNAは14日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に6-2で快勝した。序盤にリードを奪うと、先発した大貫が6回途中1失点の好投で自身5連勝をマークした。

DeNA・大貫晋一【写真:荒川祐史】
DeNA・大貫晋一【写真:荒川祐史】

大貫はヤクルト村上に対し、昨季は許した3安打全てが本塁打だった

■DeNA 6-2 ヤクルト(14日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは14日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に6-2で快勝した。序盤にリードを奪うと、先発した大貫が6回途中1失点の好投で自身5連勝をマークした。

 初回は3者凡退と上々の立ち上がりを見せたが、2回は先頭の村上に二塁打を打たれ、1死からの連続四死球で満塁のピンチを招いた。ただ、ここを古賀の併殺打で切り抜け、3回は8球で3者凡退、4回先頭の青木も三振に仕留めて波に乗るかと思われたところで、続く村上に昨年新設されたライトウイング席まで到達する特大の本塁打を浴びた。

 ただ、大貫自身が「ソロホームランを打たれてしまったが、次の打者から切り替えて投げる事ができた」とコメントした通り、次の西浦からは7者連続でアウト。初回から5回までに許した安打は村上の2本のみだった。だが、6回2死から青木に安打を打たれ、村上を迎えたところでラミレス監督は迷うことなく投手を国吉にスイッチした。

「村上のところ以外は素晴らしいピッチングだった」と大貫を称賛したラミレス監督だったが、1点差の2死1塁の場面で、今季防御率1点台をキープしている大貫を早々に交代させたのには理由があった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」