野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

22歳・山本由伸は「末恐ろしい」 オリ元監督・森脇氏が指摘する進化の跡

オリックスの山本由伸投手が18日、本拠地・京セラドーム大阪で行われた西武戦で7回4安打1失点(自責0)の快投。“山賊打線”の先発メンバー全員から計12三振を奪う凄みを見せた。打線の援護がなく5試合連続で白星を逃したものの、球界随一の右腕であることを実証した。

オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

森脇浩二氏は全球種を操る投球や守備だけでなく、コメント力も称賛した

■西武 3-1 オリックス(18日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスの山本由伸投手が18日、本拠地・京セラドーム大阪で行われた西武戦で7回4安打1失点(自責0)の快投。“山賊打線”の先発メンバー全員から計12三振を奪う凄みを見せた。打線の援護がなく5試合連続で白星を逃したものの、球界随一の右腕であることを実証した。

 山本は最近、7月26日の楽天戦で6回4失点、8月4日のロッテ戦で6回5失点、同11日のソフトバンク戦で5回5失点と不本意な投球が続いていたが、この日の姿こそ本来のものだ。最速156キロのストレートがうなりを上げ、フォーク、スライダー、カットボールのキレ、制球も抜群。ときおりカーブで緩急をつけるところまで完璧だった。

 1点リードの5回には、無死二塁からスパンジェンバークを一ゴロに仕留めながら、ベースカバーの際に一塁手・ロドリゲスとの連係が乱れ、悪送球となって同点とされた。さらに金子の犠打で1死三塁と追い込まれたが、1番・鈴木をフォークで空振り三振、源田も遊ゴロに打ち取り、踏ん張った。結局7回103球で降板後、8回に2番手のヒギンスがメヒアに決勝2点適時打を浴び、チームは敗戦。それでも山本自身は、相手とファンに強烈な印象を残した。

 元オリックス監督で、2014年にチームを優勝したソフトバンクにゲーム差0の2位まで押し上げた森脇浩司氏は、「久しぶりの本領発揮。全ての球種を操れていて、投球を楽しんでいるかのように見えました。パワーカーブをカウント球にも勝負球にも使うなど、投球に幅があり連打されない投球術でした」と称賛する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」