野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・菅野、今季すでに3完封で8勝目 元阪神エースも感心「どの相手が来ても同じ」

巨人は18日、本拠地での阪神戦に1-0で勝利した。エース菅野智之投手が阪神打線を寄せ付けず。9回3安打7奪三振1四球のピッチングで、今季3度目の完封勝利を記録。さらには、1990年の斎藤雅樹氏以来30年ぶりとなる開幕8連勝の偉業も達成した。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

阪神OB藪恵壹氏が絶賛「付け入る隙がほとんどなかった」

■巨人 1-0 阪神(18日・東京ドーム)

 巨人は18日、本拠地での阪神戦に1-0で勝利した。エース菅野智之投手が阪神打線を寄せ付けず。9回3安打7奪三振1四球のピッチングで、今季3度目の完封勝利を記録。さらには、1990年の斎藤雅樹氏以来30年ぶりとなる開幕8連勝の偉業も達成した。

 9回2死からサンズを歩かせるまで無四球を続けたり、2回3つ目のアウトから6回まで打者11人を連続凡退としたり。マウンドで躍動する菅野を「今日は本当に付け入る隙がほとんどなかった」と絶賛するのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。自身もエースとして伝統の巨人-阪神戦に何度も登板した経験を持つ藪氏だが、この日、巨人のエースが見せた投球には唸らざるを得なかった。

「菅野投手は立ち上がりを本当に丁寧に投げていますね。打順の一回り目は、相手の打者に自分のピッチングを印象づけながら投げているように見えます。打者も第1打席は、相手投手の調子はどうか、見てくる打席。そこでしっかり印象づけることができているのが、さすがですね」

 2018年には年間10完封を記録した菅野だが、今季もすでに3完封目。藪氏も「僕らが現役時代にローテーションで回っていても、年間2完封くらいしかできなかったけれど、すでに3完封ですよね」と感心する。

「ボールをしっかり操れているし、今日くらいのピッチングだったら、いつでもできそうですよね。だから、相手がどうのこうのではない。どの相手が来ても同じようなピッチングができるんですよ、菅野投手は。欲を言えば、投げる球がちょっとフラットなのでメジャーに行くと苦労するかもしれませんが、国内では図抜けていますね」

 この日の勝利で巨人は貯金を11に増やしたが、その内訳を見てみると……。

「巨人は11試合、勝ち越していますが、菅野投手の8勝と、戸郷(翔征)投手の5勝2敗で11勝。これが貯金分ですね。巨人は今、田口(麗斗)投手が4回で降板したり、サンチェスが誤算だったり、本当は先発の頭数が足りない。桜井(俊貴)投手や畠(世周)投手も投げていますが、実質は菅野投手と戸郷投手に頼っているので、もしかしたら補強する可能性もありそうです」

 リーグ優勝を果たすには、エースの活躍はもちろん、エースに続く他の先発陣の奮起は欠かせない。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」