野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ中嶋代行監督が初陣勝利! ジョーンズがV打含む3打点の活躍、西武は打線沈黙

オリックスは21日、本拠地での西武戦を3-1で勝利し連敗を4でストップした。辞任した西村前監督の代わり中嶋代行監督が指揮を執った初陣を白星で飾った。ジョーンズが全3打点を叩き出す活躍を見せ“新指揮官”に勝利を届けた。

オリックス・中島聡監督代行【写真:荒川祐史】
オリックス・中島聡監督代行【写真:荒川祐史】

ジョーンズは7回に同点に追いつく6号ソロ、8回は満塁から左前へ2点タイムリー

■オリックス 3-1 西武(21日・京セラドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 オリックスは21日、本拠地での西武戦を3-1で勝利し連敗を4でストップした。辞任した西村前監督の代わり中嶋代行監督が指揮を執った初陣を白星で飾った。ジョーンズが全3打点を叩き出す活躍を見せ“新指揮官”に勝利を届けた。

 オリックスは先発の山崎福が4回に山川に一発を浴び先取点を許したが、7回にジョーンズが左中間へ6号ソロを放ち同点に追いついた。

 8回は1死から福田が左前打、続く吉田正が右前打、中川が四球を選び満塁の好機を作る。ここでジョーンズが左前へ2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功した。

 投げては先発の山崎福が7回2安打7奪三振無失点の好投。2番手で登板したヒギンスが1回無失点で2勝目。最終回をディクソンが締め7セーブ目を挙げた。西武は打線が2安打と沈黙し連勝は5でストップした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」