野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

明るくなったベンチ、早めの継投…専門家が感じたオリ中嶋監督代行の“カラー”とは?

オリックスが西武を5-2で下し、中嶋聡監督代行就任後、2連勝を飾った。前日に続き、この日もジョーンズが2試合連続本塁打となる7号3ランと8号ソロ。2打席連続本塁打で4打点を挙げ、監督交代のショックをはねのけた。中嶋監督代行の采配について、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「早め早めに交代させる采配」「現役時代苦労している分、厳しい監督になると思う」と印象を語った。

オリックス・中島聡監督代行【写真:荒川祐史】
オリックス・中島聡監督代行【写真:荒川祐史】

楽天でヘッドコーチを務めた松本匡史氏が見た新しいカラー

■オリックス 5-2 西武(22日・京セラドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 オリックスが西武を5-2で下し、中嶋聡監督代行就任後、2連勝を飾った。前日に続き、この日もジョーンズが2試合連続本塁打となる7号3ランと8号ソロ。2打席連続本塁打で4打点を挙げ、監督交代のショックをはねのけた。中嶋監督代行の采配について、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「早め早めに交代させる采配」「現役時代苦労している分、厳しい監督になると思う」と印象を語った。

“中嶋カラー”が垣間見えた試合だった。この日の4番は前日に続き、プロ2年目の中川。右翼には、前日1軍に昇格させた5年目の杉本を2日続けて起用するなど、選手交代でも特色を出した。3-0で迎えた6回には2番手沢田が2死から西武中村に1発を浴びると、続くスパンジェンバーグのところで左の斎藤を投入。7回からは、この日2本塁打のジョーンズを下げ、早々と守備固めで小田を起用した。4-2と2点差に追い上げられた7回2死一、二塁のピンチでは、山田に代え、セットアッパーのヒギンスを投入。イニングをまたがせ、8回のマウンドも任せた。

 松本氏はこう分析する。「もう1打席回ってくる可能性がありながら、終盤、流れがどうなるか分からない中で、ジョーンズを9回の守備からではなく、7回の守備から代えた。投手陣も早め早めに交代させる采配をとっていた。いい悪いは別にして、結果的に勝てたのは代え時が良かったのかな。当たっているジョーンズではなく、中川を4番に起用しているのも監督の意向なのでしょう」。

 また、ベンチの様子からも変化を感じたという。「声が出ていて雰囲気がいい。辻(竜太郎)打撃コーチも監督の前でよく声を出していた。選手も暗い感じではなかった。選手たちは、自分たちが勝てない試合をやっているから監督が代わった訳で、責任は感じているはずです」。そんな思いが、選手たちの行動にも表れていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」