DeNA井納の強攻策の理由 ラミレス監督はV打にご満悦「広島戦で打ってる」

DeNA・井納翔一【写真:荒川祐史】
DeNA・井納翔一【写真:荒川祐史】

4回1死一、二塁、打者・井納にバントでなく強攻→逆転二塁打

■DeNA 3-2 広島(27日・横浜)

 DeNAは27日、横浜スタジアムで行われた広島戦に3対2で勝利し、カード勝ち越しを決めた。先発の井納が6回途中2失点で5勝目。4回に自ら決勝点となる逆転の2点二塁打を放つなど、投打に渡る活躍が光った。

 1点ビハインドの4回、井納が今季3本目となる逆転打を放ち、自らに勝利をもたらした。この回先頭の細川が安打で出塁し、嶺井は三振に倒れたが、続く柴田の打席で細川が二盗に成功。今季初スタメンとなる4年目の22歳が打撃だけでなく、足でもアピールした。柴田が四球を選び、1死一、二塁で打者は井納と、セオリーなら送りバントの場面だったが、ラミレス監督の指示は強攻だった。指揮官は「もちろんバントも考えたが、これまでの歴史を見ても、井納は広島戦ではかなり打っているので、強攻策でいくことにした」と理由を説明したが、失敗すれば、また批判を浴びるのは必至とも思える作戦だった。

 これはデータなのか、ラミレス監督ならではのひらめきなのか。無謀とも思える作戦が最高の結果に変わった背景には、打撃コーチのアドバイスがあった。ラミレス監督は「前にもこういうことがあったが、坪井コーチが素晴らしいアドバイスをしてくれて、井納がそれをしっかり守ってくれたので、いい結果になった」とコーチに感謝した。

 当の井納は「打席に入る前から、バントはないと坪井コーチに言われていた」と事情を明かした。殊勲打に関しては「たまたま」と謙遜したが、「ただストレート一本で待っていたわけではない」と経緯の説明を始めた。短い時間の中での駆け引きを振り返った。

「打席に入る前に打てと言われていたが、ジョンソンが牽制をしたら、バントの構えをするように言われていた。それから打席の後ろに立つと、バントはないということが相手にバレてしまうので、普段バントをする時のように前のあたりに立った。けん制はなかったが、初球にストレートが来たので、これしかないと思って振った」

投げては6回途中2失点で5勝目、広島戦で3勝「中継ぎの人たちのおかげ。頭が上がらないです」

RECOMMEND

CATEGORY