野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA井納の強攻策の理由 ラミレス監督はV打にご満悦「広島戦で打ってる」

DeNAは27日、横浜スタジアムで行われた広島戦に3対2で勝利し、カード勝ち越しを決めた。先発の井納が6回途中2失点で5勝目。4回に自ら決勝点となる逆転の2点二塁打を放つなど、投打に渡る活躍が光った。

投げては6回途中2失点で5勝目、広島戦で3勝「中継ぎの人たちのおかげ。頭が上がらないです」

 打球は右中間の真ん中を抜ける二塁打となり、2者が返って勝ち越しに成功した。野手さながらの見事な当たりだったが、井納は「普段はバント練習はやっているけど、どうせ打てないと思っているので、打撃練習は全くやっていない」と、質問した記者を笑わせた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 広島からは今季3勝目とキラーぶりを発揮した井納だが、本業のピッチングに関しては「なんとか粘ることができたが、6回を投げきれず情けない気持ち」とイニング途中の降板を悔やんだ。一打同点、逆転のピンチをしのいだパットンをはじめ、リリーフの4投手が無失点に抑えて5勝目を手中にした右腕は「中継ぎの人たちのおかげ。勝利につながったし、頭が上がらないです」と殊勝に話した。

 ともにお立ち台に立ったパットンの「点を取られなかったので、美味しい焼肉をごちそうしてくれると思います」という言葉に、「外食がOKになったら是非、行きましょう」と現状にも即した気配りのコメントを発した井納。独特の言動でファンから「宇宙人」の愛称もあるチーム日本人投手最年長の右腕の活躍で、DeNAは貯金ゼロの危機をまたも回避した。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」