野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が大野雄温存でローテ再編 2年目右腕の先発定着への課題を川崎憲次郎氏が分析

中日は30日、敵地での巨人戦に2-3と競り負けた。首位を走る巨人に対し、セ・リーグで唯一勝ち越していたが、この日の黒星で7勝7敗1分の5分。本来、先発予定だった大野雄大に代わり、およそ3週間ぶりに1軍の先発マウンドに上がった勝野昌慶は、6回を投げて8安打3奪三振1四球で3失点(自責3)。初回に打者一巡の猛攻を受け、3敗目こそ喫したが、2回以降は追加点を許さない粘投を見せた。

今後の成長に繋げたい課題とは…「初回をどう投げればいいのか」

 3回、先頭の丸佳浩にセンターへヒットを運ばれたが、続くウィーラーはピッチャー返しで併殺。大城卓三も左飛とし、打者3人で回を締めくくった。まったく同じような状況が生まれたのは6回だ。ここでも先頭の丸に左前打を浴びるも、ウィーラーは遊ゴロ併殺。大城は二ゴロに打ち取った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「振り返ってみると、あのウィーラーの2つの併殺は大きなポイントになりましたね。まず3回に1つ目の併殺に仕留めた後、続く大城もしっかりアウトに仕留めた。抑えるべきところを抑えたことで、勝野投手は流れを掴みます。そして6回。試合が大きく動きやすいイニングであることに加えて、この日の勝野投手は常に崩れる可能性を抱えていた。そこで先頭の丸選手にヒットを許して、少し危ないかなと思ったところで、ウィーラーを併殺と粘りました」

 川崎氏が「2回以降はどんな考えを持って投げていたのか、勝野投手に聞いてみたい」と言うほどの切り替えに成功した2年目右腕だが、もちろん初回のピッチングには課題が残る。

「初回をどう投げればいいのか。これはしっかりと考えなければいけないでしょう。例えば、誰に打たれてはいけないのか。今日の場合は、犠牲フライで1点先制された後の亀井選手。あそこで打ち取れなかったことが連打を呼びました。あとは、上半身と下半身のタイミングが取れていないフォームをどう矯正していくか。次の登板に向けて、どう調整していくか。このあたりが今後の課題になるでしょう」

 成長への課題が多く見つかったが、それでも「6回を投げきったことは自信にしていい」という川崎氏。この日、先発予定だった大野を9月1日から始まる広島3連戦の初戦に変更し、先発ローテ再編を図る中日だが、勝野に再びチャンスが与えられるなら、わずかでも成長の印を見せておきたい。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」