野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が大野雄温存でローテ再編 2年目右腕の先発定着への課題を川崎憲次郎氏が分析

中日は30日、敵地での巨人戦に2-3と競り負けた。首位を走る巨人に対し、セ・リーグで唯一勝ち越していたが、この日の黒星で7勝7敗1分の5分。本来、先発予定だった大野雄大に代わり、およそ3週間ぶりに1軍の先発マウンドに上がった勝野昌慶は、6回を投げて8安打3奪三振1四球で3失点(自責3)。初回に打者一巡の猛攻を受け、3敗目こそ喫したが、2回以降は追加点を許さない粘投を見せた。

中日・勝野昌慶【写真:荒川祐史】
中日・勝野昌慶【写真:荒川祐史】

初回に打者一巡のビッグイニングを招くも、2回以降は追加点を許さぬ粘投

■巨人 3-2 中日(30日・東京ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 中日は30日、敵地での巨人戦に2-3と競り負けた。首位を走る巨人に対し、セ・リーグで唯一勝ち越していたが、この日の黒星で7勝7敗1分の5分。本来、先発予定だった大野雄大に代わり、およそ3週間ぶりに1軍の先発マウンドに上がった勝野昌慶は、6回を投げて8安打3奪三振1四球で3失点(自責3)。初回に打者一巡の猛攻を受け、3敗目こそ喫したが、2回以降は追加点を許さない粘投を見せた。

「初回を3点で抑えられたこと、そして2回以降はポイントで併殺に打ち取れたことが大きかったですね」と語るのは、現役時代はヤクルトと中日でプレーした川崎憲次郎氏だ。

 初回、プロ2年目の勝野は先頭の坂本勇人に左翼線二塁打を許すと、暴投で三塁まで進め、続く松原聖弥の中犠飛で、あっという間に先制された。ここから仕切り直しといきたかったが、続く亀井善行の一塁内野安打から4連打で、さらに2失点。なおも四球で1死満塁としたが、8番・若林晃弘を空振り三振、投手の直江大輔を二塁ライナーとして、打者一巡されながらも3失点で切り抜けた。

 この回、まだ投げ始めたばかりの勝野を見た川崎氏は「上半身と下半身のタイミングが合っていない」と指摘していた。下半身から生まれるパワーを上半身にうまく伝えきれず、ボールに最後に一押しを加えきれないため、上下のコントロールが大きくブレてしまう。そのブレを修正しようと上半身に頼り過ぎると、さらにタイミングがずれる……。そんな悪循環に陥る勝野を見ながら「多分、何を投げていいのか分からなくなっていると思います」と続けた。

「実は僕も2年目に、2/3回で8失点した経験があるんです。神宮球場での巨人戦で、相手の先発だった槙原(寛己)さんにもセンター前にヒットを打たれて(苦笑)。正直、どこに何を投げていいのか分からなかった覚えがあります。今日の勝野投手は僕ほど悪くないけど、同じような心境だったと思いますよ。こうなると、もう真ん中に投げて相手のミスショット頼みをするしかない。あの場面をよく3点で抑えました」

 ここで割り切ることができたのか、勝野は2回以降は調子が良くないなりにも連打を許さず。6回を87球で投げ終えるまで追加点を与えなかった。再びビッグイニングを作る危険性をはらみながらも、結果として勝野が粘投し、クオリティスタート(6回以上自責3以下)を達成できたのはなぜか。

 川崎氏がポイントに挙げるのは「ウィーラーの2併殺」だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」