野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

高校野球の純粋さ、ひたむきさを訴え続けた福嶋一雄氏 アマ野球界に残したもの

夏の甲子園大会で連覇を果たし、1948年夏には5試合45イニングを完封するという大記録を打ち立てた福嶋一雄氏が89歳でこの世を去った。

旧制小倉中で夏連覇を果たした福嶋一雄氏が89歳で逝去
旧制小倉中で夏連覇を果たした福嶋一雄氏が89歳で逝去

甲子園の土を最初に持ち帰ったとされている福嶋氏

 夏の甲子園大会で連覇を果たし、1948年夏には5試合45イニングを完封するという大記録を打ち立てた福嶋一雄氏が89歳でこの世を去った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 福嶋氏が地元福岡県小倉市(現北九州市)の福岡県立小倉中等学校(旧制)に入学したのは、1945年の春だった。すでに日本は敗色濃厚。小倉も前年6月に大空襲を受けていたが、後年の調査によれば、アメリカ軍は、広島、長崎とともに軍需工場が多い小倉にも原爆を投下する予定があったという。日本は、この年8月15日に連合軍に無条件降伏をしたが、少しタイミングがずれれば小倉も原爆の災禍に見舞われた可能性があったのだ。

 終戦直前に中等学校に入学した福嶋氏は、野球部に入る。すでに高等小学校時代から野球経験があったが、肋膜炎で1年休学したこともあり、体力づくりのために始めたものだった。終戦直後の日本では、将来は全く見えなかった。当時の球児たちは、この時期に野球をすることが、どんな未来につながるかは全くわからなかったはずだ。そもそも野球道具もグラウンドもなかった。

 しかし、小倉中等学校はすぐに野球の練習を始めることができた。先輩たちが、戦争が激化する中で「必ず野球ができる平和な時代が再び来るに違いない」と考え、バットやボールを密かに学校内に保管していたのだ。先輩たちの配慮によって、終戦直後の物資がない中で、小倉中等学校の野球部員たちはすぐに練習を再開することができた。

 小倉中等学校は、戦前から好投手を輩出してきた名門だった。戦時中の末吉俊信は、サイドスローでカーブやシュートを駆使した技巧派。のち八幡製鉄、早稲田大を経て毎日で投げている。福嶋氏も小柄だったが、サイドスローから緩急を活かした投球で打者を打たせて取る好投手だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」