野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MVPは菅野&村上 2020年のセ・リーグ前半戦ベストナインを編集部が独自選出

新型コロナウイルスの感染拡大により、約3か月遅れて開幕を迎えた2020年のプロ野球。開幕から約1か月半が経過して各球団が60試合超(巨人のみ59試合)を消化した。ちょうどシーズンの折り返しが過ぎて、120試合制で行われるシーズンの前半戦が終了した。

巨人・菅野智之(左)とヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
巨人・菅野智之(左)とヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

菅野は開幕9連勝を達成、救援の中川も抜群の安定感でチームに貢献

 新型コロナウイルスの感染拡大により、約3か月遅れて開幕を迎えた2020年のプロ野球。開幕から約1か月半が経過して各球団が60試合超(巨人のみ59試合)を消化した。ちょうどシーズンの折り返しが過ぎて、120試合制で行われるシーズンの前半戦が終了した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ここまではセ・リーグが2年連続のリーグ制覇を狙う巨人が、パ・リーグは3年ぶりのリーグ優勝を目指すソフトバンクが単独首位に立つ。では、前半戦で活躍が目だった選手は誰だっただろう? Full-Count編集部では、前半戦のベストナインとMVPを独自に選出してみた。こちらはセ・リーグ。

【セ前半戦ベストナイン】
先発 菅野智之(巨人)
救援 中川皓太(巨人)
捕手 大城卓三(巨人)
一塁 村上宗隆(ヤクルト)
二塁 ソト(DeNA)
三塁 岡本和真(巨人)
遊撃 エスコバー(ヤクルト)
左翼 佐野恵太(DeNA)
中堅 西川龍馬(広島)
右翼 鈴木誠也(広島)

 59試合を終えて35勝21敗3分、2位のDeNAに5.5ゲーム差をつける巨人。エースの菅野は開幕9連勝、3完封前と圧倒的な成績を残す。リリーフの中川は、デラロサ不在時に代役で抑えを任され、ここまで22試合で1勝1敗5セーブ8ホールド、防御率0.81と抜群の安定感を誇っている。

 前半戦は坂本や丸が不調だった中で4番の岡本がチームを牽引。打率は.265と高くないが、18本塁打と50打点はリーグトップで2冠王だ。捕手の大城は炭谷らとの併用で打席数は多くないが、打率.290、5本塁打とバッティングでもチームに貢献している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」