野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • パ・リーグ
  • 鷹・柳田は“無双状態”、貢献光る23歳左腕の“オープナー”…セイバー指標で見る8月のMVPは?

鷹・柳田は“無双状態”、貢献光る23歳左腕の“オープナー”…セイバー指標で見る8月のMVPは?

新型コロナウイルスの影響で約3か月遅れて開幕したプロ野球。8月を終えて各球団がほぼ60試合超を消化し、シーズンの折り返し地点を迎えたことになります。そこで、ここではセイバーメトリクスの視点から8月のMVPを選出してみましょう。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

ソフトバンクとロッテが16勝8敗と貯金を増やした8月

 新型コロナウイルスの影響で約3か月遅れて開幕したプロ野球。8月を終えて各球団がほぼ60試合超を消化し、シーズンの折り返し地点を迎えたことになります。そこで、ここではセイバーメトリクスの視点から8月のMVPを選出してみましょう。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 まず、8月のパ・リーグ各球団の月間成績は以下の通りだ。

1 ソフトバンク 16勝8敗 
打率.235 OPS.726 本塁打34 援護率4.66
先発防御率2.61 QS率36.0% 救援防御率2.92

2 ロッテ 16勝8敗 
打率.251 OPS.752 本塁打25 援護率5.02
先発防御率4.34 QS率46.2% 救援防御率3.79

3 日本ハム 13勝11敗 
打率.277 OPS.751 本塁打21 援護率5.20
先発防御率4.04 QS率40.0% 救援防御率4.53

4 楽天 12勝12敗 
打率.269 OPS.763 本塁打23 援護率4.65
先発防御率3.74 QS率46.2% 救援防御率5.04

5 西武 9勝15敗 
打率.255 OPS.728 本塁打27 援護率3.78
先発防御率5.06 QS率32.0% 救援防御率3.81

6 オリックス 6勝18敗 
打率.236 OPS.647 本塁打11 援護率2.44
先発防御率4.78 QS率36.0% 救援防御率3.87

 7月のパ・リーグが混戦だったため、8月の成績がソフトバンク、ロッテの上位グループ、楽天、日本ハムの中位グループ、西武、オリックスの下位グループそのものを形成する形となりました。

 ソフトバンクは先発、救援ともに防御率2点台と投手陣が活躍、ロッテはOPS.752、援護率5.02と打線が牽引するという、両チームのコントラストが際立ちました。なお、8月の両チームの直接対決はロッテの3勝2敗1分でした。

 1位のソフトバンクと6位のオリックスはチーム打率だけ見ればほぼ互角に思えますが、OPS、本塁打数に大きな開きがあり、長打力の差が歴然と得点力に反映されています。両チームには柳田悠岐、吉田正尚という日本を代表する主軸バッターがいるのですが、ソフトバンクは中村晃、グラシアルがその前後を固める打線を組んでいます。

 オリックスは吉田正の前後を打つ打者の不調が響き、吉田の打撃を活かせていない状況です。8月20日の試合を最後に西村徳文監督が辞任し、中島聡2軍監督が監督代行として指揮を取ることになりました。就任してから杉本裕太郎、松井佑介、西野真弘などを昇格させ、新たな打線を組んでいますが、後半戦、その効果は表れるのでしょうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」