野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大学No.1打者はカシオレで飛躍? 寡黙なバットマン、中央大・牧の意外な素顔

コロナ禍で春のリーグ戦が軒並み中止となった大学野球。10月26日に迫ったドラフト会議、最後のアピールの場である秋のリーグ戦に向け、各地のドラフト候補たちも練習の日々を送っている。

中央大・牧秀悟【写真:荒川祐史】
中央大・牧秀悟【写真:荒川祐史】

高校時代から続く走り込みに加え、酒席での“食トレ”で強靭な下半身が完成

 コロナ禍で春のリーグ戦が軒並み中止となった大学野球。10月26日に迫ったドラフト会議、最後のアピールの場である秋のリーグ戦に向け、各地のドラフト候補たちも練習の日々を送っている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 高校時代は全国大会未出場ながら、昨年の大学日本代表では4番を務めた大学No.1打者、中央大・牧秀悟内野手は“意外性”の男だ。178センチ、93キロ。見るからに屈強な下半身、ともすれば威圧的にも映る見た目、大学代表でも主将役を務めた人間性とは裏腹に、趣味はゲームという生粋のインドア派を自称する。

「全然自信のあるタイプではないです。人見知りだし、オフの日は部屋にこもって、朝から晩までゲームしてることも。1日で1本全クリしちゃたり、友達にもよく驚かれます」

 大学No.1打者という肩書からすると意外にも映る一面だが、野球とつながる部分も大いにあるという。「没頭する感覚というか、集中して周りが見えなくなるところは打席での感覚に近い。大学2年まではある程度感覚で打ってたんですが、3年生になってからは相手の球種や自信のある球を絞ったり、いろいろと考えながらやるようになりました」

 3年生になって変わったのは、打席での考え方だけに留まらない。堂々たる牧の体格でもひと際目を引くのが、その異様に発達した大腿筋。見るからに強靭な下半身は、必ずしもウエートトレーニングで作られたわけではないという。「基本は高校時代の山ランで鍛えられました。地元が長野なので、中学の頃からよく山を走らされてたんです。ウエートも少しはやるけど、やってる人と比べたら全然。筋トレで作ったというより、自分の場合は走りこみ」というが、とはいえ高校時代の体重は78キロ。もともと筋肉質だったという体が本格的に巨大化したのは「実は、お酒を飲むようになってからなんです」と明かす。

 さぞや酒豪かと思いきや「全然飲めないですよ。いつも梅酒とか、カシオレを1、2杯…。それよりも、お酒の席って長いし、ごはんも美味しいからずっと食べてられちゃうんですよね」と牧。高校時代から続けてきたランニングに加え、酒席での“食トレ”が重なり、体重が飛躍的に増加。結果的に、どっしりと下半身を使い、ボールを懐まで呼び込む力強いバッティングが完成した。

「よく、走ると体重が落ちると言われますが、自分の場合は逆にお腹が空いて食べちゃって。今が適正体重で、落とさないようにというよりも増えすぎないように気をつけてる。リーグ戦中でも体重がまったく落ちないのが強みでもあり、悩ましいところでもあります」。一見寡黙な姿からは想像もつかない、いい意味でギャップに溢れるバットマンは、この先も意外なきっかけで大きな進化を遂げるかもしれない。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」