野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「日本初の10億円選手が出るのでは?」開幕10連勝の菅野に元メジャー右腕が抱く期待

巨人は8日、敵地ナゴヤドームでの中日戦で2-0で完封勝ちした。この日、先発マウンドに上がった菅野智之投手は7回101球を投げて5安打無失点の好投を披露。開幕から無傷の連勝で、両リーグトップとなる10勝目を挙げた。巨人の開幕投手で開幕10連勝を達成したのは、1938年に11連勝したスタルヒン以来、82年ぶりの大記録となった。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

元阪神OB藪恵壹氏が思わず唸った開幕10連勝「菅野は凄いなぁ」

■巨人 2-0 中日(8日・ナゴヤドーム)

 巨人は8日、敵地ナゴヤドームでの中日戦で2-0で完封勝ちした。この日、先発マウンドに上がった菅野智之投手は7回101球を投げて5安打無失点の好投を披露。開幕から無傷の連勝で、両リーグトップとなる10勝目を挙げた。巨人の開幕投手で開幕10連勝を達成したのは、1938年に11連勝したスタルヒン以来、82年ぶりの大記録となった。

 今季は向かうところ敵なしといった風格を漂わせている30歳右腕。その姿に「菅野は凄いなぁ」と感心しきりなのが、阪神OBで元メジャーリーガーの藪恵壹氏だ。この日の菅野は初回、スライダーを引っかけてアルモンテに死球を当てるなど、立ち上がりがやや不安定だった。藪氏も「ちょっとストレートも高めに行っていたので、どうかなって思っていましたけど、最終的に7回101球無失点ですからね」と唸った。

 菅野は1回と2回に連続で得点圏に走者を置いたが、これをしっかり切り抜けると、3回以降は二塁を踏ませることはなかった。昨季途中まで80打席連続無安打だった相手先発の大野雄にクリーンヒットを2本、許す場面もあったが、「菅野は投手の打席では少し力を抜いて、厳しくいかないのかも」と藪氏は指摘する。

「打者によってメリハリをつけているんでしょうね。大野投手には2本打たれましたが、2回に大島(洋平)選手を空振り三振にしたり、5回はアルモンテを二ゴロ併殺に打ち取ったり、必要なところで力を入れてアウトを取れる。これは素晴らしいことですね」

 巨人はこれで今季41勝目を飾ったが、そのうちの10勝が菅野の勝ち星だ。藪氏は「勝ち星の1/4が菅野っていうのも、また凄い。2人分は稼いでいますよ」と絶賛。今オフにも米球界に挑戦するのではと噂されているが、藪氏の見立てはこうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」