野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督が打率.048の男にかけた訳 「スパンの足なら勝負になると踏んでいた」

辻発彦監督率いる西武は8日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦で、先発の高橋光成投手が1安打1四球完封。2-0で勝利したが、相手先発で球界を代表する右腕の山本由伸投手から先制点を奪った攻撃こそ、辻野球の面目躍如だった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

「しぶとく転がしてくれれば、スパンジェンバーグの足なら勝負になる」

■西武 2-0 オリックス(8日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 辻発彦監督率いる西武は8日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦で、先発の高橋光成投手が1安打1四球完封。2-0で勝利したが、相手先発で球界を代表する右腕の山本由伸投手から先制点を奪った攻撃こそ、辻野球の面目躍如だった。

 高橋光は9回1死までオリックス打線を無安打無得点に抑えたが、一方の西武打線も4回まで山本に1安打無得点に抑えられ、3者連続を含む5三振を喫していた。

 0-0の均衡を破ったのは5回。先頭のスパンジェンバーグが右前打を放ち、二盗とメヒアの四球で、無死一、二塁。ここで、打者転向2年目でフルスイングが持ち味の川越誠司外野手は、捕前に送りバントを決め、プロ初犠打をマークした。二、三塁の好機で打席に入ったのは「8番・捕手」でスタメン出場していた岡田。この時点での今季打率は、わずか.048(21打数1安打)しかなかった。指揮官は1割にも満たない男のバットに賭けた。

 カウント2-2から、岡田が外角低めのワンバウンドしそうなスライダーへ必死にバットを伸ばすと、前進守備の二塁手正面へのゴロとなった。これに三塁走者の俊足スパンジェンバーグが鋭く反応し、先制のホームを駆け抜けた。二塁手は諦めて一塁へ送球するしかなかった。

 値千金の先制点をもぎ取った岡田は試合後、お立ち台に呼ばれ、「もうホントに打率がなくなりそうなんで、なんとかバットに当てたいという思いだけでした」と語り、4721人の観客を爆笑させた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」