野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA蝦名のプロ1号にラミレス監督驚愕 将来の4番候補・細川との若手バトルが加熱

DeNAの若手大砲候補がサバイバルを繰り広げている。現在、チーム打率12球団トップと強力打線を誇るDeNAだが、オースティンとロペスの両外国人選手が故障や不振でスタメンから外れ、開幕当初のベストメンバーとされたオーダーからは程遠い状態になっている。そんな状況の中で、ラミレス監督が期待をかけるのが、高卒4年目の細川成也と大卒1年目の蝦名達夫だ。

DeNA・細川成也【写真:荒川祐史】
DeNA・細川成也【写真:荒川祐史】

オースティンの欠場で、ラミレス監督は高卒4年目・細川と大卒1年目・蝦名に期待

 DeNAの若手大砲候補がサバイバルを繰り広げている。現在、チーム打率12球団トップと強力打線を誇るDeNAだが、オースティンとロペスの両外国人選手が故障や不振でスタメンから外れ、開幕当初のベストメンバーとされたオーダーからは程遠い状態になっている。そんな状況の中で、ラミレス監督が期待をかけるのが、高卒4年目の細川成也と大卒1年目の蝦名達夫だ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ドラフト6位ルーキーの蝦名は、開幕1軍入りを果たしたが、出場したのは代打での1打席のみと結果を残せず、すぐに2軍落ちとなった。その後はファームで外野の一角として徐々に出場を増やし、23試合に出場して打率.333、6本塁打、16打点と結果を残し、9月8日に1軍登録された。

 一方の細川は、高卒1年目から1軍昇格を果たし、デビュー戦で2本塁打を放つなど、将来の4番候補として大きな期待を受けた。2年目は11試合、3年目は36試合と一軍出場を徐々に増やしているが、本塁打は1本ずつと持ち味を発揮できていない。今季は開幕からファームの4番打者として38試合に出場し、打率.289、6本塁打、26打点を記録している。

 細川は蝦名よりひと足先となる8月26日に1軍登録され、27日には「6番・右翼」で先発出場した。昇格の際にラミレス監督は「必ずこのチームの4番になれるポテンシャルを持っているということは前から言っているし、現状でもどのチームに行ってもレギュラーを取れる力がある」と高い評価を示し、1軍昇格が遅れた理由を「今季はそのポテンシャルの1つ1つがうまく噛み合っていなかった。その1つ1つを向上させることが1軍定着のカギになる」と説明した。この試合で細川は安打を放つなど、3打席で2度出塁し、盗塁も決め、「守備もソツなくこなしてくれたし、すごくよくやってくれた」と指揮官も合格点を与えた。しかしその後は6試合、右翼のポジションでスタメン起用が続き、4試合で安打を放ったが、持ち味である長打はほとんどなく、打率は2割台前半とアピールに欠けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」