野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武高橋光、2戦連続ノーノー逃す快投から何を学んだか 辻監督が求める高い期待

西武の高橋光成投手が15日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に先発した。前々回先発の1日・ロッテ戦で7回1死まで、前回登板の8日・オリックス戦では8回まで無安打無得点に抑え、2試合連続でノーヒットノーランを予感させる投球を見せた後だっただけに注目されたが、7回7安打8奪三振3失点の好投。勝ち負けは付かなかったもののチームの逆転勝ちに貢献した。

先発した西武・高橋光成【写真:宮脇広久】
先発した西武・高橋光成【写真:宮脇広久】

厳しい言葉を投げかけ続けてきた辻監督も「安定した力を出してくれている」

■西武 4-3 ロッテ(15日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武の高橋光成投手が15日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に先発した。前々回先発の1日・ロッテ戦で7回1死まで、前回登板の8日・オリックス戦では8回まで無安打無得点に抑え、2試合連続でノーヒットノーランを予感させる投球を見せた後だっただけに注目されたが、7回7安打8奪三振3失点の好投。勝ち負けは付かなかったもののチームの逆転勝ちに貢献した。

 この日の相手先発は、7月31日以降6連勝中の石川とあって、ロースコアの投手戦は必至。そんな状況下で、「ノーヒットノーランについては、意識せずに試合に入った」という高橋光は2回、2死走者なしから菅野を四球で歩かせ、続く井上に痛烈なライナーを飛ばされる。強いフックがかかった打球は、中堅手・金子が必死に差し出したグラブの先をすり抜け、この日最初の被安打が先制適時二塁打となった。高橋光にとっては、8月25日・日本ハム戦の2回以来22イニングぶりの失点だった。さらに続く8番・藤岡にも、真ん中外寄りのフォークを右中間適時二塁打とされる。5回にも自らの牽制悪送球などで2死三塁のピンチを背負い、4番・安田をカウント1-2と追い込みながら、外角低めのフォークを拾われ追加点を許すが、結局7回109球を投じて大崩れすることはなかった。

 味方打線は6回まで石川の前にゼロ行進を続けたが、7回に高木の2号ソロで反撃ののろしを上げ、8回に金子が適時打。救援したハーマンから、スパンジェンバーグが劇的な逆転11号2ランを放ち、試合をひっくり返したのだった。

 辻発彦監督は試合終了後、高橋光について「井上の先制打は、打球がすごく変化したので不運だったが、2点目は余計。5回の3点目も、あそこで踏ん張ってくれればという所」と注文を付けつつ、「まずまずでしょう。ここのところ、しっかり安定した力を出してくれている」と称賛した。一方、本人は「先に点を与えてしまった上、最少失点で抑えられなかったのは悔しかった。自分の牽制ミスももったいなかった」と反省しきり。この両者のコメントに、高橋光の成長のあとがうかがえた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」