野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、新天地1年目で飛躍できたワケは?「成長しようという気持ちは変わらず」

前田健太、新天地1年目で飛躍できたワケは?「成長しようという気持ちは変わらず」

前田健太投手が所属するツインズは9月30日(日本時間1日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第2戦で1-3で敗れて2連敗。地区シリーズ進出を逃した。ポストシーズンは18連敗となり、北米4大スポーツワースト記録を更新した。

ツインズ・前田健太【写真:AP】
ツインズ・前田健太【写真:AP】

今季は6勝1敗、防御率2.70とエース級の活躍「成長を感じることができた1年でした」

■アストロズ 3-1 ツインズ(WCシリーズ・日本時間1日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前田健太投手が所属するツインズは9月30日(日本時間1日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第2戦で1-3で敗れて2連敗。地区シリーズ進出を逃した。ポストシーズンは18連敗となり、北米4大スポーツワースト記録を更新した。

 前田は29日(同30日)の第1戦で先発。5回2安打無失点に抑えたが、チームは逆転負け。この日も投打が噛み合わずに2連敗して終戦となった。

 昨オフにドジャースからトレード移籍した今季は6勝1敗、防御率2.70。エース級の活躍を見せてチームを牽引した。今季総括会見では充実した表情で移籍1年目を振り返った。

――ポストシーズンで2連敗。クラブハウスの雰囲気は。
「もちろん負けた後なので、みんな悔しい気持ちというか悲しい気持ちというか。もちろん勝ち進んでいくことを望んでいたチームだったと思うので。悔しい気持ちをみんな持っていると思います」

――移籍1年目。若手の印象は。
「いい選手もたくさんいますし、みんな明るくて人としても素晴らしい選手がたくさんいるので。楽しみな選手は多いんじゃないかなと思います」

――2連敗でポストシーズン敗退となった。
「やっぱりポストシーズンは勝ち進んでいくものと信じてチームとして戦っている。一番最初に負けてしまったのは悔しい気持ちですね」

――シーズンは短かったが、今季中につかんだものは。
「今シーズンは短かったですけど、1年間通して先発を任せてもらって、すごく僕にとっては、いい1年になりましたし、成長を感じることができた1年でした。あとはポストシーズンも久しぶりに先発することができて、第1戦という大事な試合を任せてもらって。そういう意味では充実した1年でしたし、負けてしまったことに関しては、すごく悔しいですけど、内容的には僕にとっては自信になる1年になったと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」