野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

マルチ画面で複数試合を同時視聴 DAZN新コンテンツ「BASEBALL ZONE」の魅力

プロ野球のペナントレースはいよいよ終盤戦に突入するが、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」では6日から、複数の試合をマルチ画面で同時に視聴できる「BASEBALL ZONE」の配信を期間限定でスタートさせる。首位争いや個人タイトル争いを巡り、複数の試合が気になるファンにとっては、願ったり叶ったりの新コンテンツと言えそうだ。その魅力、お勧めの楽しみ方を、制作部EXECUTIVE PRODUCERの江尻大輔氏に聞いた。

一画面で同時視聴できる「BASEBALL ZONE」のイメージ【画像提供:DAZN】
一画面で同時視聴できる「BASEBALL ZONE」のイメージ【画像提供:DAZN】

6日から試験的に配信スタート、首位争いやタイトル争いをリアルタイムで目撃

 プロ野球のペナントレースはいよいよ終盤戦に突入するが、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」では6日から、複数の試合をマルチ画面で同時に視聴できる「BASEBALL ZONE」の配信を期間限定でスタートさせる。首位争いや個人タイトル争いを巡り、複数の試合が気になるファンにとっては、願ったり叶ったりの新コンテンツと言えそうだ。その魅力、お勧めの楽しみ方を、制作部EXECUTIVE PRODUCERの江尻大輔氏に聞いた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ◇ ◇ ◇

「制作スタッフの中には、『これはリアルタイムで見られるプロ野球ニュースだ』と言う者もいます」

 江尻氏はそう言って、笑顔をうかべて頷いた。

 かつてスマホが存在しなかった時代、プロ野球ファンは毎日夜11時台にテレビの前に座り、全6試合のダイジェストをアナウンサーと解説者が紹介する番組を楽しんだ。時代が変わり、2020年、「BASEBALL ZONE」は帰宅途中の電車の中でも、夕食をとりながらでも、リアルタイムで複数球場の試合を同時に楽しむことができる。

 プロ野球ファンにしてみれば、優勝争いや個人タイトル争いが佳境を迎えるシーズン終盤は、ひいきのチームの試合だけでなく、他球場のライバルチームや選手が気になるところだ。たとえば、現在セ・リーグの本塁打王を激しく争っている巨人・岡本和真内野手と阪神・大山悠輔内野手が別の球場で戦っていても、1つの画面で2人の打席を同時にチェックすることができるというわけだ。

「胴上げや記録達成の瞬間、各球場のエース対4番打者の注目の対決なども、見逃さずに済みます」と江尻氏。より幅広い層のファンのみなさまに新しい野球の見方をお届けするべく、ファンファーストを掲げるDAZNだからこそできたコンテンツと言える。

 今季は10月6日、13日、20日の3回、いずれも午後6時から9時まで配信予定。それぞれセ・パ両リーグ合わせて6試合の中から最大4試合をピックアップして同時に映し出し、適宜画面を切り替えながら、解説を務める元捕手の野口寿浩氏(ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜)、元外野手の多村仁志氏(横浜、ソフトバンクなど)、MCの石黒新平氏が最新情報を添えていく。

【PR】マルチ画面で複数試合を同時視聴できる「BASEBALL ZONE」を期間限定配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」