野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

スタンドもどよめく采配 中村に打率.086の岡田を代打に送った西武・辻監督の執念

西武は6日、本拠地メットライフドームで首位ソフトバンクに3-1で競り勝った。球界屈指の剛腕である相手先発の千賀に、6回まで2安打1得点に抑えられながら、7四球をもぎ取り142球も投げさせて降板させた粘り強さが光った。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

6回まで千賀の前に2安打1得点も、しつこく球数を投げさせる

■西武 3-1 ソフトバンク(6日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武は6日、本拠地メットライフドームで首位ソフトバンクに3-1で競り勝った。球界屈指の剛腕である相手先発の千賀に、6回まで2安打1得点に抑えられながら、7四球をもぎ取り142球も投げさせて降板させた粘り強さが光った。

 辻発彦監督は試合後に「考えてみれば、お互い4安打しか打ってなくて、3-1のロースコアで、試合が終わったのが午後10時って……それだけ球数を投げさせたってことだよな」と笑みを浮かべた。確かに、8回表終了時点で1-0、最終的に両軍4安打ずつしか打てなかった投手戦に、3時間50分もかかった。同日、東京ドームで行われた巨人-DeNA戦は、巨人が14安打を放ち6-4のスコアだったにもかかわらず、42分も早い3時間08分で終わっていた。

 西武は指揮官が「フォークのある千賀のような投手に対しては、追い込まれる前に打ちたいという気持ちになりがちだが、しつこく四球を選んでくれた」と評した通り、各打者がファウルで粘り、際どいコースを見極めた。6回までに142球も投げさせ早々と降板させたからこそ、8回に森が4番手・泉から2点三塁打を放つことができたともいえる。

「ZOZOマリンでは美馬に100球でやられたけどね」と辻監督。2日前の4日、敵地でのロッテ戦では、相手先発の美馬に9回ジャスト100球、1失点無四球完投勝利を献上していた。味方投手陣は8点も取られたが、試合時間はわずか2時間43分。すぐにその反省を生かし、ソフトバンクのエースに今季6敗目をつけた価値は高い。

 象徴的だったのは6回の攻撃だ。先頭の栗山、続くスパンジェンバーグが連続四球を選ぶと、辻監督は昨季打点王の中村剛也に替えて、今季の打率が1割にも満たない(.086)岡田を代打に送った。中村が千賀に2打席連続三振を喫していたとはいえ、この勝負手にスタンドがどよめいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」