野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人中島、広島堂林、楽天涌井… 2020年シーズンに復活を遂げた男たちは?

今シーズンも残り30試合を切りペナント争いも終盤を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大を受け120試合制となったがセ・リーグは巨人が首位を独走、パ・リーグはソフトバンクとロッテが優勝争いを続けている。ここでは昨季の悔しさを晴らし、ここまで好成績を残している“復活を遂げた男”たちを見ていく。

楽天・涌井秀章【写真:荒川祐史】
楽天・涌井秀章【写真:荒川祐史】

楽天涌井はパ・リーグ初の3球団での2桁勝利、自身4度目の最多勝も射程圏に

〇DeNA 梶谷隆幸
19年 41試合93打数20安打、5本塁打15打点 打率.215
20年 88試合355打数113安打、16本塁打 打率.318

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 18年、19年とケガと不振でレギュラーの座を失い41試合の出場に留まったが、プロ14年目を迎えた今季は春季キャンプから猛アピールを続け「1番・中堅」として開幕スタメンを勝ち取った。若手が台頭してきたチームの中でも安定した成績を残し9月は打率.378、5本塁打、14打点で月間MVPも獲得した。

 打率も徐々に上げていき現在はリーグ2位の.318と同僚の佐野と首位打者争いを繰り広げている。8月で32歳を迎えたがまだまだ、その打撃技術、一発を放つパワーに衰えは見られない。

〇広島 堂林翔太
19年 28試合34打数7安打、0本塁打2打点 打率.206
20年 88試合324打数95安打、13本塁打47打点 打率.293

 広島の“プリンス”として大きな期待を受けながら今季でプロ11年目を迎えた堂林。昨季は9月こそ月間.316をマークしたが出場はわずか28試合に留まった。2013年以降は100試合以下の出場が続いていたが今季は開幕スタメンを手にすると好調をキープ。

 ここまでキャリアハイの47打点をマークし本塁打も2012年の14本に次ぐ13本と完全復活。三塁のレギュラーを獲得してカープを引っ張っている。

〇楽天 涌井秀章
19年 18試合 3勝7敗、104回87奪三振 防御率4.50
20年 16試合 10勝3敗、106回95奪三振 防御率3.06

 沢村賞、3度の最多勝を誇るベテラン右腕もロッテ時代の昨季はわずか3勝に留まる不本意なシーズンを送り、オフにはトレードで3球団目の新天地・楽天に移籍した。

 開幕から破竹の8連勝を飾るなど圧巻のスタートを切ると、9月30日のソフトバンク戦ではパ・リーグでは初となる3球団での2桁勝利を達成。自身8度目の2桁勝利をマークし自身4度目の最多勝も見えて来た。プロ16年目、34歳のベテラン右腕が再び輝きを取り戻した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」