野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武の高卒2年目右腕・渡邉が手にする「内海ノート」 金言授かり狙う1軍ローテ

西武が2軍選手の奮闘をぶりを特集するシリーズ。今回は高卒2年目の渡邉勇太朗投手だ。

内海からの金言でもっとも印象に残っているのは「これが完封できる術」

 その中でも印象に残っているのが「これが完封できる術」。ノートには「1巡目はこのように、2巡目はこのように……」と1ページの約半分にわたってその術が書かれている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「確かこの話を聞いたのは残留練習の時だったと思います。(ライオンズ)トレーニングセンターの中でスパイクを履き替えながら内海さんと話をしていたら、こんな話をしていただきました。後からノートに書き留めましたね」渡邉は常に「内海ノート」をロッカーに置きながら、ふとした時にその言葉と向き合う。シーズンも残りわずかだがモチベーションは高い。

「ゲームメイクをする力はついてきていると思います。もっと直球主体の投球をしていきたいですね」と今の課題を口にしながらも、「来シーズンは開幕から1軍ローテーションでまわることができるように。それが一番の目標です」と力を込める。

 渡邉がそのマウンドに立つ日は、きっと日に日に近づいているはずだ。ファームでは「今年になって相手打者を抑える術もわかってきたと思います。余裕を持てるようになりました」と話すように精神的にも一回り大きくなった渡邉が、大先輩の助言も手伝って、1軍で大きく羽ばたく姿を楽しみにしたい。

(記事協力・西武ライオンズ広報部)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」