野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武の高卒2年目右腕・渡邉が手にする「内海ノート」 金言授かり狙う1軍ローテ

西武が2軍選手の奮闘をぶりを特集するシリーズ。今回は高卒2年目の渡邉勇太朗投手だ。

西武・渡邉勇太朗【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武・渡邉勇太朗【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

目指す投手像は「変化球に頼らない投手」、来季の目標は「開幕から1軍ローテ」

 西武が2軍選手の奮闘をぶりを特集するシリーズ。今回は高卒2年目の渡邉勇太朗投手だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 4日にCAR3219フィールドで行われたイースタン・リーグ対巨人戦。先発した渡邉勇太朗は7回途中4失点、9安打、4三振でマウンドを降りた。118球の熱投だったが「まだいける、という感じがあったんです。それが良かった」と手応えを感じた試合を振り返った。

 渡邉が目指す投手像は「変化球に頼らない(投手になる)こと」。この日は、序盤から長短打を集められ失点すると、その後はカットボールに頼る場面もあり「直球でもっと押していきたかった」と反省したが、最速148キロをマークした球速には手応えも感じている。

 そんな渡邉のロッカーには、1冊のノートがある。「“内海さんノート”です」と笑みを浮かべる渡邉の持つそのノートには内海哲也の金言があふれていた。普段から技術面のアドバイスを受け、練習ではキャッチボールをする仲の2人。たわいもない話から派生した野球の話で、自分の心に留めておきたい大先輩の言葉を渡邉はノートに書き記している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」