野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大学に入り直した2人のドラフト候補 伊藤大海と河村説人が戦った最後の試合

12日に苫小牧とましんスタジアムで行われた「北海道大学王座決定戦」で、ドラフト候補が投げ合った。北海道六大学を制した苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)と札幌六大学を制した星槎道都大の河村説人投手(4年、白樺学園)。ともに1年遅れで現在の大学に入り直した23歳右腕は大学最後の試合を楽しみ、試合は3-3で引き分けた。

苫小牧駒大・伊藤大海(右)と星槎道都大・河村説人【写真:石川加奈子】
苫小牧駒大・伊藤大海(右)と星槎道都大・河村説人【写真:石川加奈子】

明治神宮大会が中止となり急遽行われた「北海道大学王座決定戦」

 12日に苫小牧とましんスタジアムで行われた「北海道大学王座決定戦」で、ドラフト候補が投げ合った。北海道六大学を制した苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)と札幌六大学を制した星槎道都大の河村説人投手(4年、白樺学園)。ともに1年遅れで現在の大学に入り直した23歳右腕は大学最後の試合を楽しみ、試合は3-3で引き分けた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ドラフト1位候補に挙がる伊藤は「7番・投手」で先発した。投げては5回5安打2失点。2回にソロ本塁打を浴び、3回にも2本の長短打で1点を失った。直球は自己最速に6キロ及ばない150キロ止まり。試合後には「ピッチングは5点です。こういう天候(小雨)の中で制球が中々定まらなかったですし、ちょっと力んでしまった部分もあったので。学生として最後に投げる試合で子供っぽさが出てしまいました」と苦笑いした。

 気持ちの強さが売りで、厳しい場面になればなるほど力を発揮する156キロ右腕にとって難しい試合だった。本来なら明治神宮大会の代表権を争う大会として行われる予定だったが、9日に大会中止が決まり、急遽1試合の「王座決定戦」として開催された。「勝っても先がないし、負けても何も残らないという中で、モチベーションは難しかったですが、周りの大学より長く野球ができることに喜びを感じて投げきろうと思いました」と語る。

 勝負にこだわりながらも、野球を思いきり楽しんだ。9回の第4打席では左翼フェンス直撃の当たりを放ち、50メートル5秒8の快足を飛ばして、楽々二塁を陥れた。6回からは左翼の守備に就き、1点リードで迎えた9回2死二塁の場面で左中間への打球にダイビングキャッチを試みた。ボールに届かず同点二塁打とされると悔しがった。「自分のことよりもチーム最優先で、できることをやろうとしか考えていませんでした」と。怪我を心配する周囲の声を笑い飛ばした。

 来春には大学名が北洋大に変わるため「苫小牧駒大」として戦うのも最後だった。投げて、打って、走って、飛んでユニホームを泥んこにした伊藤は「(最初に入学した駒沢)大学をやめた時に“あと4年間やり直すのか”という気持ちを持っていたんですけど、それが今日で終わってしまうんだなと思うとグッと来るものがありました」と感慨深げに語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」