野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷺宮製作所が3年連続の本大会 エース平川が7回0封、フォーム微調整が「ハマりました」

都市対抗野球の東京二次予選第四代表決定戦が12日、大田スタジアムで行われ、鷺宮製作所が東京ガスを5-0で下し、3年連続15回目の本大会出場を決めた。先発の平川裕太投手が7回3安打無失点の好投で白星を挙げ、最優秀選手に選ばれた。

先発した鷺宮製作所・平川裕太【写真:安藤かなみ】
先発した鷺宮製作所・平川裕太【写真:安藤かなみ】

岡崎淳二監督も評価「気持ちのこもったストレートでしょう」

 都市対抗野球の東京二次予選第四代表決定戦が12日、大田スタジアムで行われ、鷺宮製作所が東京ガスを5-0で下し、3年連続15回目の本大会出場を決めた。先発の平川裕太投手が7回3安打無失点の好投で白星を挙げ、最優秀選手に選ばれた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 負ければその瞬間に都市対抗への夢がついえる大一番。先発を任された平川は7回3安打無失点と好投し、日本一への夢をつないだ。平川は9月24日に行われた東京二次予選第一代表決定トーナメントの初戦(明治安田生命戦)に3番手で救援登板したが、3ランを被弾するなど結果は不本意なものに。「かなりの意気込みで臨んだ初戦だったけど、自分のせいで負けを付けてしまった」と肩を落としたが、すぐに切り替えた。「あそこ(敗戦)から立て直せた。低めに変化球を集めることができた」とチームを3年連続の夢舞台に導いた快投に納得の表情を浮かべた。

 岡崎淳二監督は平川の一番の魅力について「気持ちのこもったストレートでしょう」と口にする。初戦に敗れた後は、平川に身体のねじりを修正するようにアドバイスした。指揮官は「(助言が)『ハマりました!』と途中で言ってきてね」とチームを本大会に導いた右腕の活躍に目を細めた。

 平川の好投の一方で、打線は東京ガスの先発・高橋祐樹投手の抜群の制球力の前に8回まで9つの三振を奪われるなど苦しんだ。それでも9回途中に高橋をとらえマウンドから引きずり下ろすと、リリーフ陣を攻めて一気に5点を奪取。一気に試合を決めた。味方打線の援護を信じ粘投した平川はその様子をベンチから見守り、「めちゃくちゃ嬉しかった」と野手陣の奮起を喜んだ。

 相手先発の高橋について「序盤からすごくいいピッチングしていた。我慢比べの中で、先に点を取られないことを心がけた。(高橋は)新人だし、先にマウンドを降りたくなかった。でも、尊敬に値するピッチングでした。すごかったです」と脱帽し、投手戦を演じたルーキー左腕を称えることも忘れなかった平川。激戦の東京地区からドームへの最後の切符をもぎ取った右腕が、次はチームを日本一へ導く。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」