野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

東北福祉大が5季連続の優勝 ドラフト候補の元山がV打「無敗で優勝できて嬉しい」

仙台六大学の秋季リーグ戦で東北福祉大が5季連続73度目の優勝を飾った。最終節1日目の17日、仙台大に9-4で勝利。4-4のタイブレークの延長10回、ドラフト候補の元山飛優主将(4年、佐久長聖)が勝ち越し打。さらに生沼涼外野手(4年、飛龍)が右翼席へ満塁本塁打を放ち、突き放した。東北福祉大は今月24日から行われる「令和2年度東北地区大学野球王座決定戦」(弘前市・はるか夢球場)に出場する。

胴上げされる東北福祉大学・元山飛優【写真:高橋昌江】
胴上げされる東北福祉大学・元山飛優【写真:高橋昌江】

大塚監督「今年は全国大会がない中、よく最後まで諦めずに頑張った」

 仙台六大学の秋季リーグ戦で東北福祉大が5季連続73度目の優勝を飾った。最終節1日目の17日、仙台大に9-4で勝利。4-4のタイブレークの延長10回、ドラフト候補の元山飛優主将(4年、佐久長聖)が勝ち越し打。さらに生沼涼外野手(4年、飛龍)が右翼席へ満塁本塁打を放ち、突き放した。東北福祉大は今月24日から行われる「令和2年度東北地区大学野球王座決定戦」(弘前市・はるか夢球場)に出場する。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今季は従来の勝ち点制ではなく、全10試合の勝率制で行われた仙台六大学。仙台大が7勝1敗で最終節を迎えたため、8戦全勝の東北福祉大が1日目で勝利を挙げると優勝が決まる試合だった。どちらも譲らず、4-4で延長へ。10回、東北福祉大が5点を奪うと、その裏をゼロで締めてゲームセット。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で春季リーグ戦が中止となっており、元山主将は「春の分と秋の分のリーグ戦だと思っていたので、無敗で優勝できて嬉しい。指導者に勝たせてもらったリーグ戦です」と喜んだ。今リーグ戦中には明治神宮大会の中止も決まり、春秋と全国舞台が消滅。大塚光二監督は「うちは日本一になることが毎年の目標。今年は全国大会がない中、よく最後まで諦めずに頑張ったと思う。選手たちに感謝です」と称えた。

 ショートを守る元山主将は今月26日のドラフト会議で指名が有力視されるドラフト候補。「守備は即プロで通用する」との評価を受ける。この日、球場には11球団36人のスカウト、球団関係者が視察に訪れた。1打席目は左飛、2打席目は三飛、3打席目は死球とバットでアピールできていなかったが、3-4の7回、2死二塁で右前に同点打を放った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」