野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリドラ1宮城は「4本柱になれる」 専門家が絶賛した天賦の才と将来への期待感

オリックスは18日、敵地での西武戦に2-3で敗れた。興南高から今季ドラフト1位で入団した19歳の宮城大弥投手は6回5安打3失点と粘投したが、プロ2度目の先発で初黒星を喫した。リーグ最下位のオリックスは来季を見据え、中嶋聡監督代行が若手を積極的に起用しており、宮城もその1人。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「テンポが良く、強い直球が投げられている」といい「将来、先発ローテに入っていけるだけの要素は持っている」と評価した。

オリックス・宮城大弥【写真:荒川祐史】
オリックス・宮城大弥【写真:荒川祐史】

6回3失点でプロ初黒星も野口寿浩氏は絶賛「テンポがいい」「先発ローテに入っていける」

■西武 3-2 オリックス(18日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスは18日、敵地での西武戦に2-3で敗れた。興南高から今季ドラフト1位で入団した19歳の宮城大弥投手は6回5安打3失点と粘投したが、プロ2度目の先発で初黒星を喫した。リーグ最下位のオリックスは来季を見据え、中嶋聡監督代行が若手を積極的に起用しており、宮城もその1人。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「テンポが良く、強い直球が投げられている」といい「将来、先発ローテに入っていけるだけの要素は持っている」と評価した。

 5回7安打2失点だった10月4日の楽天戦に続き、プロ2度目のマウンドとなった宮城。この日も、マウンドではルーキーとは思えぬ落ち着いた表情で、1つずつアウトを奪っていった。2回には4安打と1死球で3点を先制されたが、その後は立ち直り、3回から6回までパーフェクト投球。プロでは自己最多となる102球を投げ、試合をつくった。

 この日の宮城について、野口氏は「すごくいい投手だと思う。走者がいない時のテンポの良さは、教えてもなかなかできない投手もいる。それを高卒1年目でできているのは素晴らしい。緊張してガチガチになることなく、落ち着いていた。ボールも、右打者の内角への直球、スライダーがいい。角度があって打ちにくいと思う」と絶賛。3失点についても「詰まって落ちた安打が多く、完ぺきにとらえられたのは初回の金子の一直くらい」と話し「2回の3失点は変化球が増えたから。強い直球を投げられるので、走者が出た時にもう少し直球を増やす捕手の配球が欲しかった」と、配球面で改善の余地があったの見方をした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」