野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天は「なりふり構わず勝ちを…」 元オリ監督が指摘する大逆転CSへ求められる大胆戦術

楽天は20日、本拠地でオリックスと2-2で引き分け、連敗を4で止めることはできなかった。これで残り16試合で2位ロッテとのゲーム差は5。4位だった西武が勝ったため、同率3位で並んだ。今季の楽天は序盤は首位を走りながらも、後半戦で失速し、3位に甘んじている状態。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は、失速の要因は「中継ぎ陣が勝ちを逃す試合が多かったから」だといい「これからは順番にこだわらず、ブルペン陣が総力戦で臨機応変に対応していくことも必要」と話した。

楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】
楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】

「中継ぎ陣の整備と戦術を交えた攻撃が必要」

■楽天 2-2 オリックス(20日・楽天生命パーク)

 楽天は20日、本拠地でオリックスと2-2で引き分け、連敗を4で止めることはできなかった。これで残り16試合で2位ロッテとのゲーム差は5。4位だった西武が勝ったため、同率3位で並んだ。今季の楽天は序盤は首位を走りながらも、後半戦で失速し、3位に甘んじている状態。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は、失速の要因は「中継ぎ陣が勝ちを逃す試合が多かったから」だといい「これからは順番にこだわらず、ブルペン陣が総力戦で臨機応変に対応していくことも必要」と話した。

 楽天はこの日、先発の則本昂が7回1失点の好投。打線が6回にオリックス先発山本から2点を奪い、逆転に成功すると、8回に10月からリリーフに戻った松井を投入。9回には守護神ブセニッツを送り込み、逃げ切りを図った。だが、ブセニッツが先頭の伏見に左越え同点ソロを献上。牧田が延長10回を抑えたが、掴みかけていた勝ちを逃し、引き分けに終わった。そして、この日の楽天の戦い方を見た森脇氏は、今季の楽天が勝ちを逃している典型的なパターンだと指摘した。

「楽天は今季、リリーフ陣が打たれて勝ちを逃す試合が多かったが、この日の試合を見て、改めてその課題が残っていると感じた。この日は抑えのブセニッツが伏見に本塁打を打たれた。まずは打った伏見を褒めたい。しかし、9回1点差で一発がある打者にカウント1-0から投じるストレートにしては非常に中途半端な球に見えた。ブセニッツが優秀な投手であることには変わりない。しかし、残り試合を考えると痛い引き分けだった」

 今季、楽天は開幕ダッシュに成功し、6月を7勝3敗と好スタートを切ると、7月には首位に浮上。その後、1度は首位の座を明け渡したが、8月上旬に再び首位に返り咲いた。だが、その後は9月を12勝14敗、10月もここまで6勝8敗2分と負け越しており、このままではクライマックスシリーズ出場が厳しいどころか、Bクラス転落の可能性も出てきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」