野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA終戦も…高卒4年目右腕が来季へつながる2勝目 ラミレス監督「ワォッ」

DeNAは23日、横浜スタジアムで行われた広島戦に2-0で勝利し、連敗を3で止めた。故障者や不振の選手が多く、苦しい台所事情の先発陣で、今季4度目の先発となった京山が6回無失点の好投で2勝目を挙げた。

DeNA・京山将弥【写真:荒川祐史】
DeNA・京山将弥【写真:荒川祐史】

京山は広島戦で6回無失点好投で2勝目をマーク「戸柱さんのサインを信じて投げた」

■DeNA 2-0 広島(23日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは23日、横浜スタジアムで行われた広島戦に2-0で勝利し、連敗を3で止めた。故障者や不振の選手が多く、苦しい台所事情の先発陣で、今季4度目の先発となった京山が6回無失点の好投で2勝目を挙げた。

 エースの今永が左肩手術で今季絶望、浜口、上茶谷は不振で登録抹消中と主力投手が不在の中、高卒4年目の京山が9月から1軍に昇格し、先発の一角を任されている。9月は3試合に先発して1勝1敗の成績を残した右腕だが、10月は先発予定の試合が雨天中止になったこともあり、今季4度目の先発マウンドは、中継ぎ登板を挟んでのものとなった。

 立ち上がりは本人が「慎重になり過ぎてボールが多くなってしまった」と振り返ったように、先頭の野間と前回の対戦で本塁打を打たれた鈴木誠に四球を与えて1死一、二塁のピンチを招いた。それでも「思い切って勝負していこう」と気持ちを切り替え、松山、西川を連続三振に打ち取った。

 2回以降は、すでにリーグ優勝の可能性が消滅して淡白さが目立つ広島打線を順調に打ち取り、5回2死から投手の床田に打たれた1安打のみに抑えた。6回に先頭・田中の安打に味方の失策が続いて無死一、二塁となったが、「戸柱さんのサインを信じて投げた」とクリーンアップを打ち取り、99球を投げてこの回限りで降板した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」