野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清宮福太郎を「主将にして良かった」都2回戦は無安打も指揮官はキャプテンシー評価

日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で、早実の清宮福太郎内野手(2年)が24日、市営立川球場で行われた秋季東京都大会2回戦の郁文館戦に「4番・一塁」で先発出場。2打数無安打2四球の内容も、主将としてチームを牽引した。チームは8番・國光廣太の2ランなどで6-2と快勝した。

2回戦の郁文館戦に出場した早実・清宮福太郎【写真:佐藤佑輔】
2回戦の郁文館戦に出場した早実・清宮福太郎【写真:佐藤佑輔】

2打数無安打2四球の内容も、守備では主将としてチームを鼓舞した

 日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で、早実の清宮福太郎内野手(2年)が24日、市営立川球場で行われた秋季東京都大会2回戦の郁文館戦に「4番・一塁」で先発出場。2打数無安打2四球の内容も、主将としてチームを牽引した。チームは8番・國光廣太の2ランなどで6-2と快勝した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初回1死二、三塁の好機で迎えた第1打席。清宮は冷静に四球を選び、先制点へとつなげた。2回1死二、三塁の第2打席では二飛。4回の第3打席は四球、6回第4打席は右飛に倒れた。相手のエース左腕・甲斐一馬投手を前に打席で快音はなかったが、守備では積極的にナインに声をかけるなどチームを鼓舞。主将らしい一面を垣間見せた。

 早実の和泉監督も「主将にしてよかった。よく見て、指示を出してたよ」とその姿を評価。早実では慣例的に指揮官が新主将を任命するが「雰囲気的には彼。これまでは(主将を)やったことないというが、本人もキャプテンをやることで成長できる」とその意図を説明する。この日はチームの方針で取材に応じることはなかったが、新チームでもその存在感は高まっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」