野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

悩み、批判され、涙した…初の“優勝捕手”になった鷹・甲斐の胸中「なにくそ、と」

27日に3年ぶりのリーグ優勝を決めたソフトバンク。2位ロッテとの直接対決に5-1で勝利し、歓喜の瞬間を迎えた。コロナ禍で胴上げもない、ビールかけもない異例づくめの歓喜の輪の中心にいたのが、甲斐拓也だった。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

2017年に正捕手となったが、優勝や日本一の瞬間をグラウンド上で迎えたのは初

 27日に3年ぶりのリーグ優勝を決めたソフトバンク。2位ロッテとの直接対決に5-1で勝利し、歓喜の瞬間を迎えた。コロナ禍で胴上げもない、ビールかけもない異例づくめの歓喜の輪の中心にいたのが、甲斐拓也だった。

【動画】「ベースから離れられへんやん…」もはや走者に同情、鷹の“甲斐キャノン”が発動した実際映像

 2017年から正捕手の座を掴み、ソフトバンクの扇の要となった甲斐。2017年はリーグ優勝と日本一、2018年と2019年はリーグ優勝は逃したものの、日本一になった。だが“優勝捕手”は全てベテランの高谷裕亮捕手。優勝の瞬間をグラウンド上で迎えたのは、これが初めてだった。

 優勝を決めたこの試合、1点リードの6回に左翼スタンドへと突き刺す10号2ランを放ち、リードを広げた。2年連続の2桁本塁打に乗せると、8回にも左翼線へと適時二塁打を放ち、この日2安打3打点。守っても、6回無失点だった先発の和田毅投手ら投手陣をリードして優勝の瞬間を迎えた。

 甲斐にとって初めての瞬間。「最後に、しっかり光景を目に焼き付けて、今までにない雰囲気と、ベンチと、球場の360度のお客さんを見渡して、今見ている景色を大切にしようと思って、その瞬間いました」。試合後にはこう、しみじみとその時を振り返った。

 3年ぶりのリーグ優勝を果たした2020年シーズン。甲斐はシーズンを「苦しかったです」と言う。苦労と苦悩の連続だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」