野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・原監督が「ワンチーム」に込めた思い 会見で明かしたコロナ禍での戦い

巨人が2年連続のリーグ優勝を飾った。原辰徳監督、坂本勇人内野手、菅野智之投手、丸佳浩外野手、岡本和真内野手の5人が臨んだ東京ドームでの内野グラウンドでの優勝記者会見。原監督が語ったのはコロナ禍の戦いの苦悩、選手へ愛情とファンへの感謝だった。選手を称え、時には衝撃の秘話、手荒いジョークも飛び出した。

30日の優勝会見に臨んだ巨人・原監督と選手達【写真:編集部】
30日の優勝会見に臨んだ巨人・原監督と選手達【写真:編集部】

9度目Vも「格別」 過密日程、丸の骨折…明かした今季の秘話

 巨人が2年連続のリーグ優勝を飾った。原辰徳監督、坂本勇人内野手、菅野智之投手、丸佳浩外野手、岡本和真内野手の5人が臨んだ東京ドームでの内野グラウンドでの優勝記者会見。原監督が語ったのはコロナ禍の戦いの苦悩、選手へ愛情とファンへの感謝だった。選手を称え、時には衝撃の秘話、手荒いジョークも飛び出した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 優勝の熱を帯びたグラウンドは、数分後には特設の会見場となっていた。座席が設けられ、距離をとって行われた。原監督は「(今年の優勝は)格別ですね。毎年、優勝というのはどう表現していいか分からない感激ではあるんですけど、今年は特に道のりが非常に険しかった。そういう中で選手は弱音をはかずに、揚々と楽しむように戦ってくれたのは頼もしかった」と選手たちに敬意を表した。

 開幕が3か月遅れるという未曾有の事態に「一つになってワンチームで戦う。ひとり、ひとりの技術を把握、2軍、3軍、問わず戦い、ワンチームの中で戦い抜けたのは、数カ月の時間をジャイアンツは正しく使えたからだと思います」。コロナ禍で活動が制限される中、1~3軍で試合、練習を行い、人材と状態を見極めた。的確な起用、補強もできた。原監督一人だけでなく、選手、スタッフ個々が役割を果たして掴んだ優勝。ファンをはじめ、関わったすべてに感謝した。

 百戦錬磨の指揮官にとっても初めての経験ばかりだった。試合が終わり、眠りについても、すぐにユニホームを着る感覚に襲われた。選手たちには疲れを軽減さえ、チームのコンディションを保ちながら、起用する方法をいつも考えていた。「チームの状態が良かったので、主力を6回、7回で休ませることができた。それは全体の力、チーム力が上がってきたからこそできたコンディション作りだった」。選手層に厚みを持たせ、レギュラーではない選手でも、様々な場面で起用していくことで、常に出番があることを意識をさせた。

 隣の席で主将の坂本は「若い選手たちがチームを勝たせてくれて、自分自身は調子が悪かったですけど、チームは勝っていたので、本当にそこはチームメートに救われたなとすごく感じました」と話すと、原監督は「調子がいい悪い、関係なく、非常にフラットな形でプレーヤーとしてもチームリーダーとして戦っている姿は頼もしく感じました」と昨年同様、主将としての姿に強さを感じ取っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」