野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早実・清宮福太郎、いきなり痛烈タイムリー! 秋季東京大会で4番の存在感を発揮

日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の福太郎内野手が1日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京都大会3回戦の大森学園戦に「4番・一塁」で先発出場。初回の第1打席で中前適時打を放った。

早実・清宮福太郎【写真:佐藤佑輔】
早実・清宮福太郎【写真:佐藤佑輔】

3回戦の大森学園戦、1死二塁のチャンスで中堅右寄りへ痛烈な打球を放った

 日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の福太郎内野手が1日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京都大会3回戦の大森学園戦に「4番・一塁」で先発出場。初回の第1打席で中前適時打を放った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 早実は初回、相手守備の乱れをつき3番壽田悠毅内野手が先制の左前適時打。好走塁で1死二塁とし、続く4番清宮に打席が回る。捉えた打球はセンター右寄りへ一直線。貴重な追加点を加えた。

 試合は2-0で早実がリードしている。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」