野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人菅野や中日大野雄よりも凄かった投手とは? セイバー指標で選ぶセ月間MVP

プロ野球は11月に入り、ペナントレースも残りわずか。セ・リーグは巨人が、パ・リーグはソフトバンクがリーグ優勝を決めました。そんな10月のセ・リーグ月間成績は以下の通りとなりました。

中日・大野雄大【写真:福谷佑介】
中日・大野雄大【写真:福谷佑介】

打者で光ったDeNAオースティンは“月間3冠王”の活躍

 プロ野球は11月に入り、ペナントレースも残りわずか。セ・リーグは巨人が、パ・リーグはソフトバンクがリーグ優勝を決めました。そんな10月のセ・リーグ月間成績は以下の通りとなりました。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

広島 15勝9敗 
打率.258 OPS.733 本塁打21
先発防御率2.70 QS率70.4% 救援防御率4.92

中日 16勝10敗 
打率.267 OPS.696 本塁打15
先発防御率2.89 QS率50.0% 救援防御率6.39

阪神 14勝10敗 
打率.255 OPS.703 本塁打18
先発防御率3.08 QS率51.9% 救援防御率2.89

DeNA 12勝12敗 
打率.262 OPS.757 本塁打40
先発防御率4.38 QS率28.0% 救援防御率3.52

巨人 10勝14敗 
打率.246 OPS.695 本塁打26
先発防御率3.56 QS率51.9% 救援防御率4.38

ヤクルト 5勝17敗 
打率.221 OPS.642 本塁打19
先発防御率4.94 QS率26.9% 救援防御率4.18

 10月30日に優勝を決めた巨人ですが、月間では今季初の負け越しに。その10月で最も勝率が高かったのは広島でした。特筆すべき点は先発投手陣の活躍にあります。先発防御率2.70と先月の5.63に比べて大幅に改善しました。クオリティスタート(QS)も27試合中19試合で達成。森下暢仁と九里亜蓮は4試合全てで、床田寛樹と中村祐太は5試合中4試合で達成しており、チームとしても16日から28日まで11試合連続でQSを記録しました。

 中日は月間16勝として、一時はリーグ2位に浮上しましたが、27日から6連敗。シーズンを通じて活躍していた救援陣がここにきて月間防御率6点台と息切れしている様子が見え、阪神との2位争いにも注目が集まります。

 広島と中日が好成績を残した10月の月間MVPを、セイバーメトリクスの指標から選んでみたいと思います。打者評価として、平均的な打者が同じ打席数に立ったと仮定した場合よりもどれだけその選手が得点を増やしたかを示すwRAAを用います。各チームのwRAA上位3名は以下の通りです。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」