野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

兄はDeNA外野手、好敵手は広島3位…「取り残された感満載」でも2年後に見据える夢

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るった今年。進路選択に頭を悩ませる選手は少なくない。東北福祉大の楠本晃希内野手(4年、花咲徳栄)もそのひとり。できればプロ志望届を提出して挑戦の意思を示したかったが、「春にアピールができていない」と社会人野球に進むことを決めた。「自分はもっとレベルアップしないといけない」。兄や友人が待つ世界を目指し、前を向く。その出発点とも言える1戦だった。

東北福祉大・楠本晃希【写真:高橋昌江】
東北福祉大・楠本晃希【写真:高橋昌江】

東北福祉大の楠本晃希内野手は進路選択に悩み社会人に進む決断

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るった今年。進路選択に頭を悩ませる選手は少なくない。東北福祉大の楠本晃希内野手(4年、花咲徳栄)もそのひとり。できればプロ志望届を提出して挑戦の意思を示したかったが、「春にアピールができていない」と社会人野球に進むことを決めた。「自分はもっとレベルアップしないといけない」。兄や友人が待つ世界を目指し、前を向く。その出発点とも言える1戦だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「みんなにはストレートで押しているのに、僕だけスプリットを多投してきて、それはちょっとちゃうなと思いましたよ(笑)。でも、僕がヒットを1本打って、三振は2つ取られましたけど、勝負は楽しかったですね。こっちは『絶対に打ってやる』って思っていて、向こうも『抑えてやる』ってきていたので、本当に楽しい勝負ができたんじゃないかなと思っています」

 10月31日、楠本はそう声を弾ませた。東北福祉大学野球場で行われた「東北地区大学野球王座決定戦」の八戸学院大戦後。相手の2番手として5回から登板した大道温貴(4年、春日部共栄)とは高校時代に対戦があった。4年の年月を経て、大学で初めて対峙。18.44メートルの両者の間には、球場の空気を変える雰囲気が漂った。

 待ちに待った瞬間だった。花咲徳栄出身の楠本と春日部共栄出身の大道は、高校2年秋と3年夏に戦っている。それぞれ東北地方の大学に進み、大会やオープン戦で顔を合わせることはあったが、互いの出場するタイミングが合わず、対戦は1度もなかった。それだけに楠本は「相手が八戸学院大に決まった瞬間、『やったろ!』って思いました」と楽しみにしていた。

 こんな経緯もあった。10月26日のドラフト会議で大道は広島から3位で、東北福祉大の山野太一(4年、高川学園)はヤクルトから2位で指名された。翌日、山野が指名挨拶を受けた際、東北福祉大・大塚光二監督はこの試合に山野を先発させると公言。東北福祉大としては大道の先発を期待していたが、八戸学院大はソフトバンク育成2位の中道佑哉(4年、野辺地西)を先発させた。楠本は「えぇ!? って思いましたよ」と拍子抜けした。

 5回、大道がマウンドに向かった。ヤクルト4位指名の元山飛優(4年、佐久長聖)は遊直に抑えられ、4番・小椋元太(3年、一関学院)は空振り三振を奪われた。2死で楠本は大道との対戦を迎えた。4年越しに向き合った両者。「楠本を抑えたことがなかったので、気合いが入りました」と大道。左打席の楠本は1ボールからの2球目、内角低めの145キロ直球をとらえた。打球はライト線で弾んだ。「切れなくてよかった。1打席目で打てたので、やったーと思いました」と楠本。二塁打を打たれた大道は「あいつらしいな、やっぱりすごいなって思いました」と認めた。

 高校3年の時は埼玉大会準決勝で当たり、花咲徳栄が5-0で春日部共栄を下して決勝に進出。甲子園出場も果たした。敗れた春日部共栄は大道が先発完投。5番を打っていた楠本は1打席目で四球、2打席目で左前先制適時打、3打席目に中安、4打席目に右越え適時打二塁打と完璧に打ち込んだ。大道が「高校の時、最後は楠本にやられたんですよ。楠本に打たれて負けたんです」と話してくれたのはドラフト前。そして、こう続けた。

「高校の時もスライダーを投げていたんですけど、膨らんでいて。僕はスライダーと思って投げていたんですけど、多分、カーブでした(笑)。楠本に言われたんです。『高校の時、ストレートとカーブしかなかったよね』って。スライダーのサインにスライダーを投げていたんですけど、そう思われていたんだなって知りました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」