野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

多くの部門で確定も本塁打王争いは最後まで接戦…パ個人タイトルの最終局面は?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮された今季も残り数試合。セ・リーグは巨人が連覇、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりの優勝を飾った中、個人タイトル争いも佳境に入っている。すでに当確ランプが灯った部門がある一方で、最後の最後までもつれそうな部門も。今回はパ・リーグの現状を見てみる。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

ソフトバンクの千賀は最多勝&最優秀防御率&最多奪三振の“3冠”へ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮された今季も残り数試合。セ・リーグは巨人が連覇、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりの優勝を飾った中、個人タイトル争いも佳境に入っている。すでに当確ランプが灯った部門がある一方で、最後の最後までもつれそうな部門も。今回はパ・リーグの現状を見てみる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○最多勝
 ソフトバンクの千賀滉大と楽天の涌井秀章が11勝で並んでいる。楽天はすでにシーズンが終了。ソフトバンクも残り1試合となっており、このまま同時受賞となりそうだ。3位タイにはソフトバンクの石川柊太、ロッテの美馬学が10勝で並んだ。

○最高勝率
 ソフトバンクの東浜巨が19試合に登板して9勝2敗でトップの勝率.818。ただ、今季の条件である10勝には届いてない。現状ではソフトバンクの石川柊太が17試合で10勝3敗、勝率.769でトップに立っている。涌井は20試合で11勝4敗の.733、3美馬は19試合で10勝4敗の.714だった。

○最優秀防御率
 千賀が防御率2.16でリーグトップ。2位につけていたオリックスの山本由伸は2.20でシーズンを終えた。3位には東浜で2.34、4位には日本ハムの有原航平が3.46と続いているが、残り試合を考えると状況は動きそうにない。

○最多セーブ
 西武の増田達至が33セーブで初のタイトルを確定させた。ソフトバンクの森唯斗が32セーブで、1差の状況。ソフトバンクは残り1試合、西武は残り2試合で森の逆転は不可能だが、9日の試合でセーブを挙げれば、同数で森もタイトル獲得となる。

○最優秀中継ぎ
 ソフトバンクのリバン・モイネロが40ホールドポイントでタイトルを確定させた。2位だった西武の平良海馬が34ホールドポイント、3位だったソフトバンクの高橋礼が27ホールドポイントで、モイネロの圧倒ぶりが顕著だった。

○最多奪三振
 千賀と山本が149奪三振で並んだ。千賀は最多勝、最優秀防御率と合わせて“3冠”が濃厚となった。3位は日本ハムのドリュー・バーヘイゲンの115奪三振で、トップの2人が大きく突き放した格好となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」