野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中幸雄氏が生涯唯一「我を忘れた瞬間」 新庄の優しさに触れた本塁打取り消し事件

現役生活で忘れられない試合は数多くある。ミスター・ファイターズとして日本ハム生え抜きで2000安打を達成した田中幸雄氏は、その一つとして、北海道移転1年目にあった新庄剛志氏の“本塁打取り消し事件”を挙げる。「あれはもう野球人生で絶対に忘れることはないです」「新庄くんに申し訳ないという気持ちがずっとあります」と胸に刻まれている。後悔の思いを抱く一方で、新庄氏へ感謝も明かした。

日本ハムで活躍した田中幸雄氏【写真:荒川祐史】
日本ハムで活躍した田中幸雄氏【写真:荒川祐史】

新庄氏が放ったサヨナラ本塁打、その時、一塁走者だった田中幸雄氏は…

 現役生活で忘れられない試合は数多くある。ミスター・ファイターズとして日本ハム生え抜きで2000安打を達成した田中幸雄氏は、その一つとして、北海道移転1年目にあった新庄剛志氏の“本塁打取り消し事件”を挙げる。「あれはもう野球人生で絶対に忘れることはないです」「新庄くんに申し訳ないという気持ちがずっとあります」と胸に刻まれている。後悔の思いを抱く一方で、新庄氏へ感謝も明かした。

 2004年9月20日、札幌ドームで行われたダイエー戦だった。日本ハムは9回、3点差を追い付くと、なおも2死満塁。新庄氏の放った打球は左中間席へ飛び込む“サヨナラ満塁本塁打”…。球場にいるファン、ベンチは大きな興奮に包まれた。

 新庄氏もダイヤモンド上で跳びはねて、喜びを表現していた。しかし、このあとドラマが待っていた。一、二塁間で一塁走者の田中幸雄氏と抱き合って、一回転。しかし、これを前方の走者を打者が追い越したと判断され、新庄氏はアウトに。本塁打は取り消されてしまった。2人が抱き合う前に三塁走者は生還していたため、サヨナラ勝ちは成立。新庄氏の記録は単打、打点1となり、試合は終わった。

「あれはもうで野球人生で絶対に忘れることはありません。普段、冷静さを失わない自分がああいうことをしてしまうなんて……。新庄くんには申し訳ないという思いがずっとあります。彼のホームランを1本、打点を消してしまったわけですから。勝手に自分がホームランが入ったから、勝った! と判断してしまいました。めちゃくちゃ、嬉しくてやってしまったんです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」