野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3年ぶりリーグVの鷹は5人がタイトル獲得 盗塁王の周東「49と50じゃ違う」

パ・リーグは9日、レギュラーシーズンの全日程を終了。ぶっちぎりで3年ぶりのリーグ優勝を果たしたソフトバンクからは、5人のタイトルホルダーが誕生した。

ソフトバンク・柳田悠岐、千賀滉大、周東佑京、石川柊太(左上から時計回り)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐、千賀滉大、周東佑京、石川柊太(左上から時計回り)【写真:藤浦一都】

エース千賀は投手3冠&石川は2冠、柳田は初の最多安打

 パ・リーグは9日、レギュラーシーズンの全日程を終了。ぶっちぎりで3年ぶりのリーグ優勝を果たしたソフトバンクからは、5人のタイトルホルダーが誕生した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 投手部門では千賀滉大が2年連続となる最多奪三振を含む3冠、石川柊太が千賀と並ぶ最多勝利と勝率一位の2冠、モイネロが最優秀中継ぎ投手に輝いた。

 野手部門では柳田悠岐が自身初となる最多安打、周東佑京が念願の盗塁王のタイトルを獲得した。9日のシーズン最終戦の後、タイトルホルダーとなった選手たちが喜びを語った。

○千賀滉大
最多勝(11勝)最優秀防御率(2.16)最多奪三振(149)
「本当に驚きが大きいし、実感がないです。自分の中で『良かった』という実感はない。悪い中でも周りがいいプレーをしてくれたので、本当に感謝したいです。防御率のタイトルは欲しいなと思ってやってきました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」