野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「恥ずかしい試合はできない」発足まもないチームを頂点に導いた“ライオンズ”の名

10月31日。ハロウィンの装飾が施された千葉・袖ケ浦市営球場で、第15回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会決勝が開催された。エイジェック(栃木)を2-1で下し、参加14チームの頂点に立ったのは埼玉西武ライオンズ・レディース(埼玉)。球団創設1年目、初出場で初優勝の快挙となったが、チームを率いる新谷博監督は試合後、「ホッとしてますよ」と安堵の笑みを浮かべた。

決勝に先発した埼玉西武ライオンズ・レディースの清水美佑【写真:佐藤直子】
決勝に先発した埼玉西武ライオンズ・レディースの清水美佑【写真:佐藤直子】

NPB球団初の公認女子チームが全日本女子硬式クラブ野球選手権に初出場初優勝

 10月31日。ハロウィンの装飾が施された千葉・袖ケ浦市営球場で、第15回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会決勝が開催された。エイジェック(栃木)を2-1で下し、参加14チームの頂点に立ったのは埼玉西武ライオンズ・レディース(埼玉)。球団創設1年目、初出場で初優勝の快挙となったが、チームを率いる新谷博監督は試合後、「ホッとしてますよ」と安堵の笑みを浮かべた。

5度目のW杯出場は「目指します」 女子代表・川端友紀が特別な価値を置く場所(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 埼玉西武ライオンズ・レディースはNPB加盟球団が公認する初めての女子硬式野球クラブチームとして、今年1月に発足。メンバーには2018年の女子W杯で主将を務めた出口彩香、六角彩子、里綾実、清水美佑、志村亜貴子ら、日本代表経験者が名を連ねる。さらには、埼玉西武ライオンズと同じデザインのユニホームを着用したり、練習では球団施設を使用できたりと、周囲から「強くて当然。勝って当然」と見られる要素は多々。それだけに、優勝して嬉しいという率直な気持ちと同時に、胸をなで下ろす思いがしたのだろう。

 もちろん、選手、監督・コーチらはみんな「負けられない。恥ずかしい試合はできない」という思いを持って、この大会に臨んでいた。「今年は1年目だから『なんだ、負けちゃうんだ』っていうことは言われたくなかった」という新谷監督は、こう続けた。

「ライオンズのユニホームが一番プレッシャーですよ。でも、それがなければライオンズでやる意味がない。他のチームにはない『ライオンズ』っていう名前のプレッシャーが、逆にモチベーションにならないと。ユニホームがプレッシャーになることなんて、生きていて、なかなかないこと。特に女子はね。いい経験ですよ」

 決勝の大舞台で先発マウンドに上がり、7回1失点完投でMVPに輝いた清水は「ライオンズの一員だっていう自覚が野球だけじゃなくて、日常生活にも生まれてきました」と話す。

「まだまだ自覚が足りないですけど『見られている』という意識はあります。身内じゃない方が応援して下さることって女子野球ではなかなかないんですけど、応援して下さる方もかなりいて、それが力になります。疲れていて『今日はもう練習はいいかな』と思っても、頑張らなきゃって思いますね。恥ずかしいプレーはできませんから」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」