野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5年連続3割達成の広島・鈴木誠也への対策は? 元捕手が楽天を例に挙げる訳

広島の鈴木誠也外野手が10日、敵地・神宮球場でのヤクルト戦で4年ぶりに「1番」で出場し、3打数3安打で代走を送られ交代。今季打率がジャスト3割(430打数129安打)に達し、球団史上初の5年連続打率3割が確定した。11日の今季最終戦は欠場する見込み。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間に渡って捕手として活躍した野口寿浩氏が“キャッチャー目線”で分析した。

広島の鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島の鈴木誠也【写真:荒川祐史】

ヤクルトや阪神などで捕手として活躍した野口寿浩氏が解説

 広島の鈴木誠也外野手が10日、敵地・神宮球場でのヤクルト戦で4年ぶりに「1番」で出場し、3打数3安打で代走を送られ交代。今季打率がジャスト3割(430打数129安打)に達し、球団史上初の5年連続打率3割が確定した。11日の今季最終戦は欠場する見込み。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間に渡って捕手として活躍した野口寿浩氏が“キャッチャー目線”で分析した。

 1回の第1打席は、相手のドラフト1位ルーキー・奥川が初球から5球続けたストレートを、いとも簡単そうにとらえ、中堅手の右を抜く二塁打に。2回の第2打席は外角高めのスライダーを左前打。3回の第3打席では、2番手・星の外角高めの144キロ速球にバットを合わせ、一塁線を破る二塁打を放った。ここで代走・野間を送られ、お役御免となった。

 今季は打率.300、25本塁打、75打点。打率は首位打者を獲得した昨年の.335から下降したものの、コロナ禍で試合数が143から120(鈴木誠の出場試合数は118)に減ったことを考えれば、その他は昨季の28本塁打、87打点と比べて遜色ない。野口氏は「低迷するチームにあって、ほぼ誠也1人が気を吐いた印象。向上心の塊のような本人にとっては不本意だろうが、相手から徹底的にマークされる状況の中で、非常に立派な成績だと思う」と評する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」