野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス中村晃が2打席連続2ランで文句なしのMVP 「ナオの負けを消すんだ」

ソフトバンクは15日、本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦を6-4で勝利し4年連続の日本シリーズ進出を決めた。2打席連続の2ランを放った中村晃外野手がCSのMVPに輝き、同シリーズの優勝会見で満面の笑顔を見せた。

CSのMVPに輝いたソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
CSのMVPに輝いたソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】

ポストシーズンに強い理由は「割り切りがうまくできるから」

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは15日、本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦を6-4で勝利し4年連続の日本シリーズ進出を決めた。2打席連続の2ランを放った中村晃外野手がCSのMVPに輝き、同シリーズの優勝会見で満面の笑顔を見せた。

 シリーズMVPという立場で優勝会見に登場した中村晃。試合を決定付けた2打席連発に「プロになってからはないでしょう。1試合2本はありますけど」と振り返った。2回には3点のビハインドから1点差に迫る2ラン、そして続く4回裏には一気に逆転する2ラン。昨年のCSファイナルステージで1試合3本塁打6打点をマークした今宮健太に匹敵する活躍だった。

「出来過ぎですよ」としながらも、心の中には先発の東浜を思いやる気持ちがあった。立ち上がりから3失点という苦しいピッチングとなった右腕に対して「ナオが一番悔しいと思うので、何とかナオの負けを消すんだという思いがありました」と語り、2本目の逆転弾の後ベンチに戻ってからは東浜に「ありがとうございます」と感謝されたことも明かした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」