野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA「背番号18」争奪戦は何をもたらす? 三浦新監督が“空き番”にした意図

背番号「18」の争奪バトルが、投手陣のレベルアップにつながるか――。DeNAは17日、三浦大輔2軍監督が来季から1軍監督就任することを発表。背番号は現役時代から付けていた「18」から「81」に変更されることになった。18番は、ふさわしい投手が現れるまで空き番になるという。

DeNA・三浦大輔新監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦大輔新監督【写真:荒川祐史】

最速153キロのドラフト1位右腕・入江大生も候補になり得るか

 背番号「18」の争奪バトルが、投手陣のレベルアップにつながるか――。DeNAは17日、三浦大輔2軍監督が来季から1軍監督就任することを発表。背番号は現役時代から付けていた「18」から「81」に変更されることになった。18番は、ふさわしい投手が現れるまで空き番になるという。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 三浦新監督は、1991年ドラフト6位で奈良・高田商高からDeNAの前身である横浜大洋に入団。チーム一筋に25年間投げ抜き、通算172勝(184敗)をマークした。1年目から6年間の背番号は「46」。98年に本人の希望で「18」に変更し、この番号で144勝(158敗)を挙げた。

 2016年限りで現役引退した際、球団は低迷期に奮闘したエースへ敬意を表し「18」を“準永久欠番”の「横浜ナンバー」に指定。「ふさわしい選手が現れるまで欠番とし、最終的には球団と三浦氏本人が協議した上で継承させる」と取り決めた経緯がある。三浦新監督は昨年、1軍投手コーチとしてチームに復帰。2軍監督を務めた今季を含め2年間は自ら「18」を背負った。

 三浦新監督は「18はやはり、マウンドの上で投げてこそ輝く。選手が付けるのが一番。(誰がふさわしいかは)僕個人より、応援してくれるファンの空気感でわかると思う」と語った。「全員が付けたいと思っているわけではないと思うが、付けたいという選手に出てきてほしいと思っております」と高いレベルの争奪戦を期待している。

 もっとも、50年シーズンに「大洋ホエールズ」としてスタートしたチームの長い歴史を振り返ると、三浦新監督が付けるまで、「18」は特別な栄光に彩られた番号とはいえなかった。球団ぐるみで、伝統のエースナンバーに育てようとしている途上といえるかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」