野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • パ・リーグ
  • 西武は投打で苦戦、日ハムは守乱…リーグワースト成績から見る各球団の弱点と課題は?

西武は投打で苦戦、日ハムは守乱…リーグワースト成績から見る各球団の弱点と課題は?

ペナントレースも終わり、2020年のプロ野球も残すところ21日からの日本シリーズのみに。今季、各球団の課題、弱点となったのはどこの部分だったのだろうか。

西武・辻発彦監督(左)と日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史、石川加奈子】
西武・辻発彦監督(左)と日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史、石川加奈子】

チーム打率はロッテがワーストも、出塁率では西武が最低

 ペナントレースも終わり、2020年のプロ野球も残すところ21日からの日本シリーズのみに。今季、各球団の課題、弱点となったのはどこの部分だったのだろうか。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ここでは各球団のチーム成績の中でも、リーグワーストだったものをピックアップ。そこから来季、それぞれの球団が解消しなければならないポイントを探ってみたい。今回はパ・リーグ編だ。

【打撃成績】
打率:ロッテ(.235)
得点:オリックス(442点)
出塁率:西武(.315)
本塁打:日本ハム(89本)
四球:オリックス(361個)
盗塁:楽天(67個)
盗塁刺:西武(40個)
三振:西武(956個)
併殺打:楽天(87個)

 チーム打率は2位でクライマックスシリーズに進出したロッテがワーストで.235だったが、チーム得点はオリックスの442点が最少だった。昨季までは圧倒的な攻撃力を見せた西武は出塁率がリーグワースト、チーム打率も5位に終わった。秋山が抜け、山川、森ら主力打者も軒並み不振だったことで、攻撃力には陰りが見えた。

 四球数ではオリックスの361がリーグ最少だったが、それよりも50個も多い西武の方が出塁率に劣ると言うことは、どれだけ攻撃面で今季苦戦したか、良く分かる内容となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」