野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天、全選手に経営実態を異例の開示 コロナ禍で打撃「危機感を共有したい」

今年のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大で、無観客試合や入場制限、さらには試合数減を余儀なくされ、売り上げを大幅に減らした。どの球団も懐事情は苦しいが、楽天は26日から仙台市の球団事務所で始まった契約更改交渉で、全選手へ今年の収支など球団経営の実態を開示し、理解を求める異例の方針を明かした。

楽天・則本昂大【写真提供:楽天野球団】
楽天・則本昂大【写真提供:楽天野球団】

安部井本部長「観客が減ったのは、選手のせいでも球団のせいでもない」

 今年のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大で、無観客試合や入場制限、さらには試合数減を余儀なくされ、売り上げを大幅に減らした。どの球団も懐事情は苦しいが、楽天は26日から仙台市の球団事務所で始まった契約更改交渉で、全選手へ今年の収支など球団経営の実態を開示し、理解を求める異例の方針を明かした。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 この日、“トップバッター”として更改を終えた則本昂は、オンライン会見での一言一言が緊迫感に満ちていた。自身は来季が7年契約の3年目とあって、予定通り現状維持の年俸3億円プラス出来高(金額は推定)でサイン。しかし、球団側が示した資料には衝撃を受けた様子だ。

 新型コロナはここにきてまたもや猛威を振るいつつある。チームの選手会長でもある則本昂は「来年、全く試合ができないこともありうる。最悪のシナリオも考えておかないといけない。そういう場合にどうするのか、球団と選手の協議の場を設けることを確認しました」と明かし、「チームが存続するために危機感を共有したい」と表情を引き締めた。

 実際、プロ野球全体の今季観客動員は、昨年比2171万3384人減(約82%減)の482万3578人。楽天も主催試合が71試合から60試合に減り、昨年比158万5701人減(約87%減)の23万6084人とがた落ち。当然、チケット収入、グッズ収入は激減し、スポンサー収入の減少を最小限にとどめるのが精いっぱいだった。

 球団の安部井寛チーム統括本部長は「この際、全選手に球団の経営状況をしっかり説明する。今までにはなかったことだが、今年はプロ野球始まって以来初めての状況だから」と説明。「観客動員が減ったのは、選手のせいでも球団のせいでもない。プロ野球がどれだけファンとスポンサーの皆さまに支えられているのかを認識するためにも、数字を見せて説明させてもらう」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」