野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ西浦が発症「特発性大腿骨頭壊死症」とは? 専門家が解説、歩行困難の場合も

オリックスから戦力外通告を受けた西浦颯大外野手が「両側特発性大腿骨頭壊死症」と診断されたことが明らかになった。年内までに手術を行い、復帰を目指していく予定という右腕が立ち向かう難病について、芝浦スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】
オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】

芝浦スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司氏が症状などを説明

 オリックスから戦力外通告を受けた西浦颯大外野手が「両側特発性大腿骨頭壊死症」と診断されたことが明らかになった。年内までに手術を行い、復帰を目指していく予定という右腕が立ち向かう難病について、芝浦スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)とは、足の付け根にある大腿骨頭の一部の血流が悪くなり、骨が壊死(えし)する病気です。原因がはっきりしていない場合、特発性(とくはつせい)の大腿骨頭壊死症と呼ばれます。厚生労働省の特定疾患に指定されています。

 当院でも、急な股関節の痛みを訴える患者さんには、この病気も念頭に置いて、患部をチェックしています。

 発症の原因がはっきりわかってません。ステロイド剤の使用やアルコールの多飲に関連して生じることが多いとされています。日本での新規発生件数は年間2000人程度。年齢30代~50代、男性の方がやや多いと言われています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」