野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東佑京よりも速い選手がいた… 三塁打到達タイムのパ上位5選手は?

野球はひとつひとつのプレー時間が大変短いスポーツだ。投球を打った瞬間から、ゴロやフライで結果が確定するまでの時間は、多くが4~8秒程度しかない。

ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

5位に入った西武スパンジェンバーグは三塁打数リーグトップ

 野球はひとつひとつのプレー時間が大変短いスポーツだ。投球を打った瞬間から、ゴロやフライで結果が確定するまでの時間は、多くが4~8秒程度しかない。

【動画】盗塁王の鷹・周東より速い…オリ佐野があっという間に三塁に到達する実際映像

 ところが、ひとつのプレーで10秒を超えてくるときもある。それが三塁打のシーンである。

 走っている選手の勇姿をもっとも長く見ていられる希少な機会だが、そのことを拒むかのようにもっとも短いタイムで三塁へ到達し、ファンを驚かせた選手は誰だったのか?

 6月19日の開幕から11月9日の最終戦までに記録された、今シーズンのパ・リーグ三塁打において、打ってから三塁ベースに到達するタイムのトップ5を紹介しよう。

 シーズン前の段階では、「どの程度活躍できるか?」という以上に、その長い登録名が先行して目立っていたコーリー・スパンジェンバーグ内野手(西武)が10秒83という好タイムで5位に入った。

 元々、俊足であることは入団発表のときから本人がアピールしており、オープン戦の好調もあってシーズン序盤は1番を打つことが多かったスパンジェンバーグだが、最終打率は.268。一時は.250を下回る期間もあり、手放しで喜べるほど活躍したとはいえなかった。

 だが、フルスイングと全力疾走を身上とするプレースタイルは優良助っ人そのもの。加えて、シーズン終盤に西武が2位争いに加わった際には、勝負どころで結果を出して存在感を示した。5位に入った動画では、そんなスパンジェンバーグ選手のスピードを垣間見ることができる。ZOZOマリンスタジアムの右中間を深々と破ると、二塁ベース手前で打球を判断して一気に三塁へたどり着いた。

 ちなみに、今シーズン、スパンジェンバーグが記録した三塁打は8本。これは周東佑京内野手(ソフトバンク)と京田陽太内野手(中日)の7本を上回る12球団トップである。前年までこのランキングの常連だった僚友・源田壮亮内野手を差し置いてタイムでも5位に入ったとなれば「ミスター三塁打」の称号を与えてもいいのではなかろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」