野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本Sの最中に2軍選手に突然電話「この感じでいい」 鷹・長谷川勇也が注ぐ“親心”

海外FA権を行使しての移籍が取り沙汰されながら、ソフトバンク残留を決めた長谷川勇也外野手。3、4日に行われた契約更改では、その残留決断を喜ぶかのように若手選手から「長谷川さんが…」というコメントが相次いで聞かれた。

ソフトバンク・長谷川勇也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・長谷川勇也【写真:荒川祐史】

日本シリーズMVPの栗原もベテランのアドバイスで上向き

 海外FA権を行使しての移籍が取り沙汰されながら、ソフトバンク残留を決めた長谷川勇也外野手。3、4日に行われた契約更改では、その残留決断を喜ぶかのように若手選手から「長谷川さんが…」というコメントが相次いで聞かれた。

【写真】スタイルが際立つ柳田、笑顔の今宮、ポーズを取る森、ややかしこまった嘉弥真… ソフトバンクが公開した4選手のスーツ姿の写真

 今季ブレークを果たした栗原陵矢は、ソロ本塁打を含む2安打3打点を挙げた10月4日の日本ハム戦後にこう話していた。

「長谷川さんが(1軍に)上がってきて『お前の場合は目付けだけだ。自分が打てるところを待っとけ』と言われたので、自分が打てるところに来た球は初球からしっかり振りにいくようにしています。『自分が打てると思ったところをしっかりスイングしていけばいい。それが空振りになってもいいんだ』とも言ってもらいました。それはすごく大きかったですね」

 鷹の打撃職人のアドバイスを胸に刻んだ栗原は、日本シリーズでMVPを獲得。さらに“長谷川の教え”は栗原だけにとどまらない。

 3日に契約更改したリチャードは「どこかの記事で長谷川さんが栗さん(栗原)に『選球眼じゃなくて選球体になれ』って言っているのを見たんです。すごいこと言っているなと思って、会った時にその話を聞こうと思っていたんです。長谷川さんに教わったのは、目で見るんじゃなくて身体に任せる打ち方ですね」と語る。

 その話を聞いた数日後に長谷川が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、リチャードも濃厚接触者とされたが「自粛明けに実践したら、すぐにホームランが出ました」と“教えの効果”を実感したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」